アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【成語・ことわざ篇】 鞠躬尽瘁

鞠躬尽瘁jū gōng jìn cuì(成語)

 

〔意味〕献身的に国事に力を尽くす

 

《例文》

 

敬爱的周恩来总理,他为人民鞠躬尽瘁,死而后已。我们永远怀念他。

(敬愛する周恩来総理は、その一生を人民のために献身的に尽くした。我々は永遠に忘れない)

 

※“鞠躬尽瘁,死而后已”(国のために尽くし、死ぬまで止めない)と続きます。

この成語は、諸葛孔明の『水師の表』に出てくる有名な言葉です。『水師の表』は、出陣に当たり、孔明が後主劉禅劉備の息子)に奉った上奏文です。至誠と憂国の情に溢れた名文と言われています。

【類義語篇】 顽固 — 固执

顽固wángù(形)頑固である、保守的である

固执gùzhi(形)頑固である、強情である

 

“顽固”、“固执”は意味は非常に近いですが、形容する対象が異なります。

“顽固”は、人の「思想」、「意識」、「立場」などを形容する場合に用いられます。

“固执”は、人の「性格」を表わす場合に用いられます。

また、意味的には、“顽固”の方が“固执”よりも重くなります。

では、それぞれ例文を見ていきましょう。

 

顽固

 

我第一次遇到一个思想这样顽固的人。

(私は、これほど保守的な思想の人物に初めて出会った)

顽固坚持反动立场的人,决没有好下场。

(反動的立場をかたくなに堅持する人には、絶対ろくな末路はこない)

 

固执

 

老王是一个性格非常固执的人,从不接受别人的意见。

(王さんは非常に頑固な性格で、他人の意見をまったく聞かない)

你这么固执的话,没有人理你了。

(君がこんなに頑固ならば、かまってくれる人はいないよ)

 

               『学習のポイント』

 

①“顽固”には、人の思想や意識だけでなく、「気風」、「習慣」、「病気」などを形容することができます。

 

这种病是一种非常顽固的,要根治很不容易。

(この種の病気は非常にしつこく、根治は容易ではない)

 

②“固执”には、「固執する、こだわる」という意味の動詞の用法も有ります。

 

聪明人随机应变,愚蠢者固执己见。

(賢い人は臨機応変で、愚かな者は自分の考えに固執する)

【慣用句篇】 又来了

又来了yòuláile

 

〔意味〕また来た、またかよ

 

同じ話(事)を繰り返す、或いはむしかえす相手に対する不満や反感を表します。

多くは会話の相手に対して使うので、“你又来了”という形でも多用されます。

 

<使用例>

 

A:这次出差,你就让我和你一起去吧,我不会给你添麻烦的。

(今回の出張、僕も一緒に連れて行ってよ。君には迷惑かけないからさ)

B:你又来了。我不是说过了吗?我一个人去就是,也不要你的帮忙。你还是安心在单位做事吧。

(またかよ。言わなかったっけ?僕一人で行けば十分で、君の助けは必要ない。君は落ち着いて社内で仕事したまえ)

【知識篇】 中国の交通(その2)- タクシーの拾い方・乗り方

中国のタクシー料金は、日本に比べるとかなり安いです。料金の安さから、中国旅行中はよく利用します。

料金は都市の規模によって異なります。恐らく一番高額なのは上海のタクシーでしょう。それでも初乗り料金は14元(日本円で約250円)と、日本よりはずっと安いです。その他の都市の初乗り料金は、北京13元、広州12元で、地方都市に行くと、7元、8元位のところもあります。

初乗り料金は2kmまでで、その後は上海だと3~15kmで2.5元/km、15km以上で3.1元/kmとなります。長く乗るほど割高になるしくみです。夜間(23:00~5:00)は昼間の約3割増しとなります。料金の最も高い上海でさえ、1時間位乗っても日本円で1万円もいかないので、タクシーがいかに安いかが分かります。

 

タクシーのことを中国語では、

 

出租车chūzūchē

的士díshì

 

と言います。

“的士”は広東語から広まった言い方です。

f:id:zhongtian65:20201026213829j:plain

上海出租车

1.タクシーの拾い方

 

タクシーの拾い方は日本と同じで、歩道で手を上げると近づいて来て停まります。中国の交通ルールは日本と違って左ハンドルで、道路の走行も逆になっています。もうひとつ違うところは、タクシーのドアは手動です。ドアの前に立っていても永久に開きませんので、自分で開けましょう。

タクシーを拾うことは、

 

打/车dǎ/chē

打/的dǎ/dí

 

と言います。

ホテルでタクシーを呼んで欲しい場合は、フロントかドアボーイに、

 

我需要一辆出租车。

(タクシーが一台必要です)

 

あるいは

 

叫一辆出租车,好吗?

(タクシーを一台呼んでください)

 

と言えば分かります。

最近中国では、タクシーの配車アプリが急速に普及しました。大手企業が参入しアプリを運営しています。ネット上のサイトからアプリをダウンロードし、設定すれば使用できます。料金はクレジットカードで支払います。

使い方は、アプリを起動し、自分の居る場所と目的地の情報を送信します。すると、近くを走っているタクシーからフィードバックが来ます。複数のタクシーから来た場合は、どのタクシーを利用するかを決めます。

配車アプリの最大手は、

 

滴滴打车dīdīdǎchē

 

と呼ばれています。

この配車アプリの最大の特徴は、正規のタクシー以外にも一般車も呼べることです。一般車へのタクシー業務の開放は中国政府の政策で、政府公認であり違法の白タクではありません。一般車のドライバーは運営会社と契約し、アプリを通じて集客しています。支払いは同じくクレジットカードです。

f:id:zhongtian65:20201026213917j:plain

滴滴打车

タクシーの乗り方

 

タクシーに乗ったら、先ず運転手に行き先を告げます。上海のタクシーでは、目的地をよく道と道の交差している地点で言う場合が多いようです。例えば、

 

延安西路Yánānxīlù / 虹桥路hóngqiǎolù

 

という風に言います。

そうすると、延安西路と虹橋路の交差点で降ろしてくれます。

上海は道路が曲がりくねっていて方角が分かりにくいため、この様な方法を取っているのでしょう。北京の場合は道路が碁盤状にまっすぐなので、どこにいても方角がすぐに分かります。そのため、行き先も大雑把に言っても迷わずに到着できます。

最近はスマホの地図アプリを使う運転手が増えてきたので、その場合は正確な住所で言ってあげるほうが間違いが少ないでしょう。但し、中国の地図アプリ(カーナビ)はいい加減なものが多いためか、よく表示されるルートが遠回りになったりします。運転手はアプリのルート通りに走りますから、その場合は結果的に割高の料金を払わされます。もっとも、運転手の方もわざとやっているわけではないので、あまり文句も言えません。

目的地に着いたら料金を支払いますが、上海では日本のスイカのようなチャージ式の交通カードが売られていて、このカードでも支払いが出来ます。

したがって、運転手の方から「カード払いか現金払いか」を聞いてきます。例えば、

 

拉卡还是付现金?

(カード払いそれとも現金払い?)

 

交通カードは地下鉄駅構内のカウンターで販売しています。先ず保証金30元を払って、それからチャージする金額を払います。カードのチャージは、

 

充值chōngzhí

 

と言います。

具体的にチャージする場合は、例えば、

 

充一 百块钱。

(100元チャージします)

 

と言います。

上海の交通カードは、タクシー以外に地下鉄、路線バス、リニアモーターカー浦東空港から龍陽路まで)でも使えます。ただし、使用は上海市内に限られます。他の大都市、北京、広州なども同じような交通カードが有るようです。

f:id:zhongtian65:20201026214001j:plain

上海交通卡

中国のタクシーは日本より料金も安く、他の交通機関に比べ手軽に速く移動できるので、大変便利です。

また、中国語が話せる場合は、運転手から都市のいろいろな情報を入手できる場合もありますので、ぜひ利用されてはいかがでしょうか?

【知識篇】 中国の交通(その1) - 鉄道と切符の買い方・乗り方

中国を旅行していて、鉄道を利用する機会は多いと思います。とりわけ近距離の場合は、ほとんどが列車での移動になります。

中国と日本の鉄道を比べた場合いろいろな違いがありますが、最も大きな違いは駅の構造ではないかと思います。

中国の駅(特に新幹線の駅)の場合は、どの駅もほとんど同じつくりになっています。簡単に言うと,、待合場所がホームの上に造られていて、乗車口(改札)と出口が別々になっています。列車に乗る方法は、先ず駅に入るとエスカレーターで最上階(待合場所)に上がります。そして、乗車する場合は、改札を通ってホームに降りて行きます。

こういう構造になっているのは、恐らく乗客が極端に多く混乱を避けるために、改札口と出口を分けているのだと思われます。極めて合理的な構造です。そして、駅舎も日本に比べ驚くほど巨大です。

f:id:zhongtian65:20201025213225j:plain

北京站

1.列車の種類

 

列車の種類は、普通列車から高速鉄道(新幹線)まで各種そろっていて、これは日本とほぼ同じでしょう。

中国語では、それぞれ次のような呼び方になります。

 

高铁gāotiě

(新幹線→記号は「G」)

 

 动车组dòngchēzǔ

(在来新幹線→記号は「D」)

 

直达特快列车zhídátèkuàilièchē

(特急寝台列車→記号は「Z」)

 

特快列车tèkuàilièchē

(特急列車→記号は「T」)

 

 快速列车kuàisùlièchē

(急行列車→記号は「K」)

 

普快列车pǔkuàilièchē

普通列車→記号無し)

 

後ろのアルファベットと数字は各列車の記号で、列車番号につけられています。例えば、“高铁”の場合は「G7456」など)。“普快”だけはアルファベットの記号はなく、4桁の数字で表します。

「高鉄」は高速鉄道の略称で日本の新幹線に当たります。日中、特に都市間の移動は主に高鉄を利用しますので、外国人が最も乗る機会の多い列車になります。

では、実際に運行されている各列車のダイヤを見てみましょう。区間は同じ「北京」-「上海」間です。但し、“快速”だけは「北京」-「上海」間の便が有りませんので、「天津」-「上海」間のダイヤになります。

 

G1    高铁     北京南9:00 - 上海虹桥13:28

D701  动车组   北京19:22 - 上海虹桥7:25

Z281  直达特快 北京19:10 - 上海南9:51

T109  特快     北京20:05 - 上海11:00

K335  快速     天津11:30 - 上海南4:41

1416  普快     北京11:55 - 上海7:00

 

北京-上海間は、中国の鉄道網でも、最も乗降客の多い路線になるでしょう。そのため、ダイヤの大部分は“高铁”で占められています。北京-上海間の鉄道は、“高铁”が出来るまでは一晩掛掛かりましたが、現在では最短で4時間28分で行けるようになりました。

f:id:zhongtian65:20201025212924j:plain

中国高铁

2.切符の買い方

 

切符は駅の券売所、または街中に切符売り場があり、そこで購入できます。

「切符売り場」は中国語では、

 

售票处shòupiàochù

 

と言います。

切符を買うときは、窓口で日付、列車番号、出発地と目的地、座席の種類等を告げます。

たとえば、

 

买一张高铁票,一等座,G120,6月1号,从北京到上海。

 

などと言います。

必要な情報は、「列車番号」、「日付」、「区間」、「枚数」、「列車の種類」です。

中国語にまだ自信のない人は、買いたい列車の内容を紙に書いて渡すと、間違いなく購入できます。

切符を買う際には身分証(パスポート)の提示が必要ですので、紙とパスポートを一緒に窓口に出すとよいでしょう。

また、切符の時間変更をしたい場合は、切符売り場にある専用の窓口でできます。

「切符の時間変更」は、中国語では、

 

改签gǎiqiān

 

と言います。

また、「切符のキャンセル(払い戻し)」は、

 

退票tuìpiào

 

と言います。

キャンセルする場合は、キャンセル料として料金の5%ほどを支払います。

中国は十数億の巨大な人口を有する国で、とにかくどこへ行っても人だらけです。したがって、列車の乗客も非常に多く、慢性的に切符が買いにくい状況となります。

旅行の行動予定が決まっている場合は、少なくとも前日の切符購入をお勧めします。ただし、日付の変更はできません(例えば、明日の切符を明後日に変更したい場合は、明日の切符を一度キャンセルし、改めて明後日の切符を購入する必要があります)。

時間変更は切符の購入よりやりやすいので、当日の予定が替わる場合などは、あらかじめ切符を買っておいて、予定の変更に合わせて切符の時間も変更するとよいでしょう。

最近では、インターネット上で列車の予約と切符の購入ができるようになりました。しかし、ネットで切符を買う場合は、支払いがクレジットカードやネット決済になるので、人民元の銀行口座を持っていることが条件となります。したがって、短期旅行などで中国を訪問する外国人の場合は、ハードルが非常に高くなります。

f:id:zhongtian65:20201025213129j:plain

杭州站售票处

3.列車の乗り方

 

中国の列車は、新幹線から普通列車まですべて座席指定となっていて、日本のような自由席はありません。

したがって、切符にはすべて車両番号、座席番号が記載されており、その番号を確認して自分の座席に座ります。

以前中国の列車に乗る時に、よく自分の座席に知らない中国人が座っていました。その頃は、切符で指定された座席に座るという、日本では当たり前のマナーが守られないことが多かったのです。しかし、最近は、特に“高铁”の乗客はよくマナーを守って、きちんと自分の座席に座るようになったようです。

車中でのコミュニケーションも、旅の思い出の1ページを飾ることができるのではないでしょうか。中国語が話せる場合は、思い切って、隣の席の人に声をかけてみてはいかがでしょう。

中国語があまり得意出ない場合も、日本人には「筆談」という裏技があります。その場合は、小さなノートをバッグに忍ばせておきましょう。

日本人は見ず知らずの人と話すのは若干抵抗がありますが、中国人の場合は、全く知らない人でも自由にコミュニケーションできるという非常に良い習慣があります。

しかも、相手が外国人の場合は、よろこんでおしゃべりに付き合ってくれるでしょう。

【類義語篇】 一点儿 — 一些

一点儿yīdiǎnr(数)少し、ちょっと、

一些yìxiē(数)少し、わずか、いくつか

 

“一点儿”と“一些”ともに数が非常に少ないことを表します。

“一点儿”は、数えられない事物に用いられます。例えば、

 

一点儿空气(わずかな空気)

一点儿水(ちょとの水)

一点儿意见(ちょっとした意見)

 

などです。

 

“一些”は、数えられる事物に用います。例えば、

 

一些朋友(何人かの友人)

一些国家(いくつかの国)

一些房子(いくつかの部屋)

 

などです。

 

では、それぞれ例文を見ていきましょう。

 

一点儿

 

这只是我个人的一点儿想法。

(これは、私個人のちょっとした考えにすぎない)

他们整天在地下工作,看不到一点儿阳光。

(かれらは数日地下で仕事していて、わずかな日光も見られない)

 

一些

 

昨天晚上我家来了一些客人。

(昨日の夜我が家は数人の来客があった)

下午我要去书店买一些历史方面的书。

(午後私は書店で歴史関係の本をいくつか買いたい)

 

『学習のポイント』

 

 

①“一点儿”は、補語として形容詞や動詞の後に置かれ、程度が軽いことを表します(“一”は省略できます)。“一些”にもこの用法が有りますが、“一点儿”の方が口語的で話し言葉で多用されます。

 

你吃得太少了,再吃一点儿吧!

(君は食べるのが少ないね、もう少し食べなさい)

她炒的菜,对我辣一点儿。

(彼女のつくる料理は、私には少し辛い)

 

②“一点儿”は否定形と組み合わせ、“一点儿都(也)不(没有)~”という形で「少しも~でない」という意味を表します(“一”は省略できません)。“一点儿”の後に名詞を置けます。“一些”にはこの用法はありません。

 

这件事情我一点儿都不了解。

(これについては、私は少しも知らない)

刚来中国的时候,我一点儿汉语都不会说。

(中国に来たばかりのころは、私は少しも中国語が話せなかった)

 

③“一点儿”は、動詞の後ろに沖、語気を和らげ婉曲的な表現をとる場合にも用いられます。“一”はよく省略されます。

 

您要买点儿什么?

(何をお求めですか)

你来点儿啤酒怎么样?

(ビールはいかがですか)

【慣用句篇】 打折扣

打折扣dǎ zhékòu

 

〔意味〕割り引きする、掛売りする

 

“折扣”で「割引、割引した価格」、“打折扣”で「割引する、掛売りする」という意味になります。

日本では、定価の「2割引き」や「10%引き」など割り引く率で言いますが、中国では、定価から割り引き率を引いた「掛け値」で言います。即ち「2割引き」→“八折”となります。結果(割り引いた金額)は同じです。

 

<使用例>

 

A:你穿的西装还挺气派,多少钱买的?

(君の着ているスーツなかなかパリッとしてるね、いくらで買った?)

B:这很便宜,买一件才一百块钱呢。

(とっても安いよ、一着たった百元だ)

A:怎么这么便宜?

(どうしてそんなに安いの?)

B:正好那家商店要做盘点甩卖库存货。所有的商品都打折扣,才这么便宜。

(ちょうどあの店が在庫整理で安売りしててね、商品は全部割引でこんなに安いんだ)

 

※“打折扣”は「割り引きする」から転じて、「手を抜く、手加減する」という意味でも用いられます。

 

虽然有什么困难,他执行命令从来不打折扣。

(どんな困難があろうとも、彼は命令を実行するのに手を抜いたことがない)

【成語・ことわざ篇】 得不偿失

得不偿失dé bù cháng shī  (成語)

 

〔意味〕得たもので失ったものを償えない、損得が引き合わない

 

《例文》

 

 他算盘了半天,但这笔生意还是觉得得不偿失。

(彼は長いこと勘定してみたが、この商売はやっぱり損得が引き合わないと思った)

【文法篇】 “把”を用いる構文

“把”は前置詞で、「~を」という意味を表します。この“把”を用いた構文は「処置文」と呼ばれ、ある事物に対する処置(動作)とその結果を表す場合に用いられます。

語順に関して言えば、中国語の基本構文は、

 

主語 + 動詞 + 目的語

 

ですが、“把”を用いる場合は、目的語を動詞の前に置くことができます。

 

主語 + 把 + 目的語 + 動詞

 

この場合は、日本語の構文と同じ語順になります。

では、“把”を用いる構文の基本文型を見ていきましょう。

 

【肯定文】 「…を~します」

 

主語 + 把 + 目的語 + 動詞 + (他の成分)

 

我想把这本小说翻译成中文。

(私はこの小説を中国語に訳そうと思う)

他把剩下的菜都吃了。

(彼は残った料理を食べつくした)

 

“把”を用いる構文では、動詞の後に何らかの語(成分)が必要です。動詞の後に何も無い場合、文が完結できません。

動詞の後に置かれる語は、結果補語、様態補語、動詞の重ね型、“了”や“着”などの助詞が有ります(補語の場合は可能補語は使えません)。

 

【疑問文】 「…を~しますか?」

 

肯定文の文末に“吗”または“没有”を置く形が一般的です。

 

你把钱带来了吗?

(お金持ってきた?)

你把作业做完了没有?

(宿題をやり終えましたか?)

 

【否定文】 「…を~しません」

 

主語 + 没(有)+ 把 + 目的語 + 動詞 + (他の成分)

 

否定形は“没(有)”を使います。否定の“没(有)”は“把”の前に置きます。通常は“不”は使いません。

 

他没有把圣诞礼物送给我。

(私は私にクリスマスプレゼントを贈ってくれません)

我还么有把寄给老师的信写完。

(私は先生に出す手紙をまだ書き終えていない)

 

≪学習のポイント≫

 

①能願動詞や時間を表す語は“把”の前に置きます。

 

我们一定要把英文学好。

(我々は必ず英語をマスターしなければならない)

你明天把中日词典带来。

(明日中日辞典を持ってきたまえ)

 

②通常目的語は、話し手にとって既知(特定)のものに限ります。不特定なものには使用できません。

 

我把他借给我的书还给他了。

(私は彼が貸してくれた本を返した)

×我把一本书还给他了。

(私は一冊の本を彼に返した)

 

③通常使われる動詞は他動詞に限ります。しかも、何か(目的語)を処置する意味を表す動詞です。したがって、下記のような動詞は使用できません。

 

所有・存在を表す動詞: 有 / 在

知覚動詞: 知道 / 觉得 / 认识

方向を表す動詞: 上 / 下 / 去 / 来

【類義語篇】 突然 — 忽然

突然tūrán (形)思いがけない、突然である、意外である

忽然hūrán(副)急に、不意に、にわかに

 

“突然”は形容詞です。ある事柄の発生が急で思いがけないことを表します。形容詞的な用法として、“突然事件”や“突然的变化”など名詞を修飾できます。

“忽然”は副詞です。状況の発生が急でしかも意外なことを表します。意味的には“突然”と非常に近いですが、品詞が異なるので語の用法としては明確な違いが有ります。しかも、“忽然”には形容詞としての用法はありません。

 

では、それぞれ例文を見ていきましょう。

 

突然

 

他们来得太突然了,我们一点准备也没有。

(彼らは突然やってきたので、我々は少しの準備もしていなかった)

发生了这样的事情,他们都感到很突然。

(みんなはこういうことが起こった事を意外に感じた)

 

忽然

 

今天早晨我出去的时候,忽然下起大雨来了。

(今朝私が出かけるとき、いきなり大雨が降り始めた)

他本来已经同意了,但后来忽然改变了主意。

(彼はもともと同意したが、後になって突然考えを変えた)

 

『学習のポイント』

 

“突然”には、“忽然”と同じような副詞的用法もあり、こちらもよく用いられます。ただし、“忽然”と比べた場合、若干の違いがあります。

“突然”は、意味的に状況の発生が早く、意外性の程度が強いことを強調します。また、用法的には、“突然”は主語の前(文頭)に置けますが、“忽然”は一般的に文頭には置きません。

 

突然,参加游行的学生们都唱起歌来了。

(デモに参加した学生たちは、いきなりうたい始めた)

【慣用句篇】 真是(的)

真是(的)zhēnshì(de)

 

〔意味〕まったくひどい、なんてことだ

 

他人に対する不満、不平を表す時や愚痴をこぼす時に使います。

 

<使用例>

 

A:张科长,您真是的,昨天晚上的联欢会您怎么没来看呢?我们科的小李参加了表演。

(張科長、ひどいですよ。昨晩の親睦会はどうして見に来なかったんですか?うちの科の李君が出演したのに)

B:真对不起,昨天晚上我家有急事,所以没能赶上,下次我一定要看。

(本当にすまない、昨夜は家に急用ができていけなかった。次は必ず見るから)

【成語・ことわざ篇】 如履薄冰

如履薄冰rú lǚ bó bīng  (成語)

 

〔意味〕薄氷を踏む思い、おっかなびっくりである、ひやひやである、(非常に危険なことのたとえ)

 

《例文》

 

这任务关系着几千人的生命安全,我们如履薄冰,哪能有疏忽大意?

(この任務は、数千人の生命安全が掛かっている。我々は薄氷を踏む思いだ、どうしておろそかにできるだろう)

 

※類義語:如临深渊rú lín shēn yuán(この二つの成語は意味は同じで、セットで用いることが多いです)

 

※ここでの“薄”は“báo”ではなく、“bó”と発音します。

【知識篇】 世界の企業・ブランド名

【知識篇】では、世界の人名、地名と取り上げてきましたが、今回は「世界の企業とブランド名」を中国語でどう表現しているかについて取り上げてみたいと思います。

欧米人の人名と同じように、横文字の企業名についても、中国語では基本的に音訳します。つまり、原語の発音に近い漢字の音を当てるわけですが、その場合ただ音を真似るだけでは有りません。漢字は表意文字で、すべての漢字は固有の意味を持っています。したがって、音を真似るだけでなく、音訳した名前ができるだけ良い意味を持つように、どの漢字を使うかに気を配ります。

例を挙げれば、

 

サントリー 三得利Sāndélì 「つくる、売る、買う三方ともに利が有る」

キャノン 佳能Jiānéng 「性能が良い」

コカコーラ 可口可乐Kěkǒu Kělè 「口に良くて(美味しくて)楽しい」

 

と言うふうに、訳した名前が良い意味になるよう使う漢字を選びます。

日本語の場合は、横文字の名前を音訳する時には、表音文字の「カナ」を使って音だけを置き換えることができます。しかし、表意文字の漢字の場合は、どうしても文字の意味を意識せざるを得ません。これは、中国語の大きな特徴の一つと言えるでしょう。

では、「世界の企業・ブランド名」の中国語名を見ていきましょう。業界別に分類しています。

 

≪自動車≫

BMW(独) 宝马Bǎomǎ

ポルシェ(独) 保时捷Bǎoshíjié

フォルクスワーゲン(独) 大众Dàzhòng

フェラーリ(伊) 法拉利Fǎlālì

プジョー(仏) 标致Biāozhì

フォード(米) 福特Fútè

ルノー(仏) 雷诺LéiNuò

ゼネラル・モーターズ(米) 通用汽车Tōngyoòng Qìchē

シトロエン(仏) 雪铁龙Xuětiělóng

フィアット(伊) 菲亚特Fēiyàtè

ベンツ(独) 奔驰 Bēnchí

アウディ(独) 奥迪àodì

 

f:id:zhongtian65:20201015225147j:plain

雪铁龙

≪アパレル・靴≫

アディダス(独) 阿迪达斯ādídásī

アルマーニ(伊) 阿玛妮āmǎní

エルメス(仏) 爱玛仕àimǎshì

ブルガリ(伊) 宝格丽Bǎogélì

プーマ(独) 彪马Biāomǎ

グッチ(伊) 古驰Gǔchí

ジバンシイ(仏) 纪梵希Jìfànxī

カルティエ(仏) 卡地亚Kǎdìyà

カルバン・クライン(米) 卡尔文・克莱恩Kǎ'ěrwén Kèlái'ēn

ラルフローレン(米) 拉尔夫・劳伦Lā'ěrfū láolún

ルイ・ヴィトン(仏) 路易威登Lùyì Wēidēng

ナイキ(米) 耐克Nàikè

ピエール・カルダン(仏) 皮尔・卡丹Pi'ěr Kǎdān

プラダ(伊) 普拉达Pǔlādá

イヴ・サンローラン(仏) 圣罗兰Shèngluólán

シャネル(仏) 香奈儿Xiāngnài'ěr

エドウィン(日) 埃德温āidéwēn

リーバイス(米) 李维斯Lǐwéisī

コンバース(米) 匡威Kuàng Wēi

 

f:id:zhongtian65:20201015225305j:plain

阿迪达斯

≪食品・飲料≫

江崎グリコ(日) 格力高Gélìgāo

カゴメ(日) 可果美Kěguǒměi

キューピー(日) 丘比Qīubǐ

味の素(日) 味之素Wèizhīsù

ハインツ(米) 亨氏食品Hēngshì shípǐn

キッコーマン(日) 龟甲万Guījiǎwàn

ハーゲンダッツ(米) 哈根达斯Hāgēndǎsī

デルモンテ(米) 德尔蒙食品Dé'ěrméng Shípǐn

クノール(独) 家乐Jiālè

カルピス(日) 可尔必思Kě'ěrbìsī

ネスレ(スイス) 雀巢Quècháo

バドワイザー(米) 百威Bǎiwēi

サッポロビール(日) 三宝乐啤酒Sānbǎolè Píjǐu

ハイネケン(蘭) 喜力Xǐlì

ペプシコーラ(米) 百世可乐Bǎishì Kělè

リプトン(英) 立顿Lìdùn

ヤクルト(日) 养乐多Yǎnglèduō

 

f:id:zhongtian65:20201015225349j:plain

可果美

≪小売・流通≫

ファミリーマート(日) 全家Quánjiā

ローソン(日) 罗森Luósēn

トイザらス(米) 玩具反斗城Wánjù Fǎndǒuchéng

ウォルマート(米) 沃尔玛Wō'ěrmǎ

イオン(日) 永旺Yǒngwàng

ユニクロ(日) 优衣库Yōuyīkù

カルフール(仏) 家乐福Jiālèfú

イケア(スウェーデン) 宜家Yíjiā

サイゼリヤ(日) 萨莉亚Sālìyà

サブウェイ(米) 赛百味Sàibǎiwèi

スターバックス(米) 星巴克Xīngbākè

マクドナルド(米) 麦当劳Màidangláo

ミスタードーナツ(米) 美士唐纳兹Měishì Tángnàzí

ピザハット(米) 必胜客Bìshèngkè

ケンタッキーフライドチキン(米) 肯德基Kěndéjī

f:id:zhongtian65:20201015225416j:plain

玩具反斗城

 ≪家電・電子・精密機器≫

ノキアフィンランド) 诺基亚Nuòjīyà

デル(米) 戴尔Dài'ěr

カシオ(日) 卡西欧Kǎxī'ōu

ヒューレット・パッカード(米) 惠普Hùipǔ

シャープ(日) 夏普Xiàpǔ

インテル(米) 英特尔Yīngtè'ěr

アップル(米) 苹果电脑Píngguǒ Diànnǎo

ソニー(日) 索尼Suǒní

マイクロソフト(米) 微软Wēiruǎn

オリンパス(日) 奥林巴斯àolínbāsī

 

f:id:zhongtian65:20201015225449j:plain

诺基亚

≪IT≫

ヤフー(米) 雅虎Yáhǔ

アマゾン(米) 亚马逊Yàmǎxùn

グーグル(米) 谷歌Gǔgē

f:id:zhongtian65:20201015225513j:plain

亚马逊

≪日用品≫

パンパース(米) 帮宝适Bāngbǎoshì

P&G(米) 宝洁Bǎojié

ラックス(英) 力士Lìshì

ジョンソン・エンド・ジョンソン(米) 强生Qiángshēng

ライオン(日) 狮王Shīwáng

クリネックス(日) 舒洁Shūjié

 

f:id:zhongtian65:20201015225547j:plain

帮宝适

 これらの企業やブランド名は各社が自分で音訳し、中国語名を創作する場合がほとんどのようです。企業やブランドの名前は、企業イメージをつくる「顔」とも言える重要な要素で、各社とも工夫を凝らした名前ばかりです。

例えば、ユニクロの“优衣库”などは「優れた服の倉庫」などと言う、なかなかひねったネーミングです。

上に上げた企業・ブランド名は、いずれも中国市場に浸透し高い知名度を持つものばかりで、実際に中国のスーパーなどで売られているブランドも多いようです。

かつての社会主義経済の時代には、これらの西側の企業・ブランド名はまだ中国に有りませんでした。改革開放によって生み出された新しい文化だとも言えます。

【成語・ことわざ篇】 卧薪尝胆

卧薪尝胆wò xīn cháng dǎn (成語)

 

〔意味〕大志を遂げるため刻苦し自らを励ますこと

 

《例文》

 

我们球队的队员们卧薪尝胆,刻苦训练,终于在世界锦标赛上夺得了冠军。

(わがチームのメンバーは臥薪嘗胆し、厳しい練習を行い、ついに世界選手権で優勝を勝ち取った)

 

※“卧薪尝胆”は、戦国時代の越王勾践と呉王夫差の故事で有名です。呉王に戦で敗れた勾践が硬い薪の上に寝起きし、苦い肝を嘗めて負けた屈辱を忘れず、強力な軍隊をつくって10年の後に呉軍を打ち破ったというお話です。“卧薪”は「薪の上に寝る」、“尝胆”は「苦い肝を嘗める」という意味です。

元々は復讐を遂げるために刻苦精励することですが、現在では「大きな目的を達成する」という意味で使われることが多いようです。