アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【慣用句篇】 抓把柄

抓把柄zhuā bǎbǐng

 

〔意味〕弱みを握る、しっぽを掴む

 

“把柄”は、元々コップなどの「取っ手」のことです。転じて、他人からの交渉、脅迫、強要などに利用される「弱み」、「弱点」、「泣きどころ」という意味を表します。すなわち、“抓把柄”で、「弱みを握る」という意味を表します。

 

<使用例>

 

A:这件事儿你千万要注意,不要让别人抓住把柄。

(この件は、くれぐれも用心してくれ、他人にしっぽを掴まれないように)

B:您放心吧,绝对不会让别人知道。

(安心して下さい、絶対他人には知られませんから)

【文化篇】 中国の大学 -後編-

前回は、中国の大学について、その全体像(起源、ランキング、日中の大学の違い)を紹介しましたが、今回は、ランキング上位の大学、さらに日本人と中国の大学の関わりなどについて紹介していきたいと思います。

 

北京大学

北京大学の前身は1898年に北京に創設された「京師大学堂」です。国立の総合大学としては、中国最古となります。その後中華民国の時代になり、1912年に「国立北京大学」に改称されました。1917年に革命派の蔡元培が校長に就任すると、陳独秀、李大釗、魯迅胡適など当時第一級の文化人を教授に迎えました。その結果、北京大学は20年代に起こった新文化運動の中心地となりました。

抗日戦争がはじまると、北京大学は精華大学、天津の南開大学と共同で雲南省昆明に移転し、「西南聯合大学」と改称されました。戦後は北京に戻って名称も「北京大学」に戻して、現在に至っています。

現在の北京大学を見ると、大学内は53の「学院」と「系」で構成されています。「系」とは日本の大学の「学部」に相当しますが、中国では単科大学を主体とする「カレッジ制」を取っているため、単純な比較はできません。「学院」と「系」は同列とされています。

北京大学の学生数は約29,600人となります。

各学部の内訳を見ると、6つの主要学部の下にたくさんの「学院」と「系」が置かれています。

その他、学際的な「学院」、「研究所」が有ります。

北京大学の「学部」とは各専門分野の分類を指すだけで、実際に日本のような学部が存在しているわけではありません。

北京大学の卒業生では、李克強(現首相)、薄熙来(元中央政治局委員、汚職で失脚)、胡春華(現副総理)などがいます。

 

f:id:zhongtian65:20210818235353j:plain

清華大学

清華大学は、1911年に創設された清華学堂が起源です。この学校は、アメリカ留学のための予備校でした。1900年に起こった義和団の乱の対米賠償金の一部を利用したプログラムに基づいて設立されました。当時、中国人留学生の派遣を賠償金減額の条件としてアメリカ側が提案したものです。その後、1928年に国立清華大学に改称されました。

清華大学はこのような起源を持っており、中国の中ではアメリカとの関係が特に深い大学です。1990年代以降、中国の大学では自ら起業を立ち上げる事例がいくつも出てきましたが、清華大学では、特にモトローラなどのアメリカ企業との合弁を行っています。

清華大学はもともと理工系の大学として発展してきた歴史が有り、現在では「エンジニアの揺籃」として、優れた技術者を多数輩出しています。

清華大学の学生数は約53,300名となります。

大学の構成は、14の「学院」の下に複数の「系」が置かれています。

現在では、理工系、文系両方を有する総合大学ですが、理工系の「学院」が多数を占めています。

清華大学の卒業生では、習近平(現国家主席)、朱鎔基(元首相)、胡錦涛(元国家主席)、呉邦国(元政治局常務委員)などがいます。ここで取り上げた政治家は、すべて清華大学の理工系出身で、いわゆる「テクノクラート」です。

 

                               f:id:zhongtian65:20210819081645p:plain 

復旦大学

北京大学清華大学を中国北方の名門校とすると、復旦大学は南方を代表する名門です。

2021年の大学ランキングでは第6位と後退しましたが、歴史と名声から言えば、中国を代表する大学からは外せません。

復旦大学は、1905年に著名な教育家の馬相伯によって、私立復旦高公学として上海に設立されました。中華民国期には、個人によって創設された私学校がいくつも有ります。例えば、天津の南開大学も、1921年に教育家の張伯苓によって創設されました。

その後1917年には私立復旦大学に改称し、1941年に国立大学になりました。

復担大学の学生数は28,900名となります。

大学の構成は、17の「学院」とその下に69の「系」が置かれています。

また、研究機関として、中国語言文学研究所、中国社会主義市場経済研究センター、アメリカ問題研究センター、日本研究センターなど、77の研究所及び研究センターを有しています。

復旦大学の卒業生には、李嵐清(元国務副総理)、唐家璇(元外交部長)、韓正(元上海市長)などがいます。復旦大学の卒業生には、国家指導者や政治家よりも、財界、金融界のリーダーが多いようです。

f:id:zhongtian65:20210819082615j:plain

浙江大学

浙江大学も中国南方を代表する著名な大学と言えます。歴史も古く、その前身は1997年に浙江省杭州に創設された旧是書院です。その後、1901年に求是大学堂、1903年に浙江高等学院と改名されました。中華民国成立後の1928年には、国立浙江大学となりました。さらに抗日戦争期間には中国の西方へ移転され、1946年に杭州に戻りました。

新中国建国後の1952年には、当時の政府による学制改革でいくつかの単科大学に分けられました。改革開放後の1998年には、浙江農業大学、杭州大学、浙江医科大学を吸収合併し、新しい浙江大学が誕生しました。

大学内部の改革としては、2009年に「学部制」を導入、多くの「学院」が7つの学部に整理されました。但し、学部と言っても日本の大学とは異なり、あくまで専攻別のカテゴリーにすぎず、学部としての実体はありません。

浙江大学の学生数は66,772人で、規模としては非常に大きな大学です。

浙江大学の構成を見ると7つの学部の下に37の「学院」が置かれています。

浙江大学の卒業生には、現代の有名な政治家は少ないですが、歴史上の人物、陳独秀中国共産党創始者の一人)、陳布雷(蒋介石の政治ブレーン)、胡喬木(中国共産党元老の一人)などがいます。

f:id:zhongtian65:20210818235643j:plain

上海交通大学

前身は、1896年に盛宣懐が上海に創設した南洋公学です。当時は上海租界の中にキャンパスが有り、戦火の影響が有りませんでした。中華民国成立後の1910年代後半には、南洋大学、さらに上海工業専門学堂と改称されました。さらに、抗日戦争期は重慶に移転し、戦後上海に戻りました。

新中国建国後の1956年には、西北教育支援のため大学の60%の人員を西安に移し、交通大学西安分部、上海分部としました。その後、1959年に西安交通大学、上海交通大学がそれぞれ成立し、2つの大学は独自の発展を遂げています。

改革開放後の1999年には上海農学院、2005年には上海第二医科大学を吸収合併し、総合大学としての学科が整いました。現在は、上海市内の5つの地区にキャンパスを持っています。

上海交通大学の学生数は42,707名となります。

大学の構成は30の「学院」の下に、67の専攻科目が置かれています。

「学院」の構成を見ると分かりますが、清華大学と同じく理工系が非常に充実しています。

上海交通大学の卒業生で最も有名なのは、90年代に国家主席を務めた江沢民でしょう。その他には、中国ロケット工学の先駆者と言われる銭学森などがいます。

 

f:id:zhongtian65:20210819082452j:plain 日本人と中国の大学との関わりで言えば、最も身近なものは中国留学でしょう。実際、中国の大学に在籍する外国人留学生で、最も割合が多いのは日本人と韓国人です。しかし、中韓で言えば、両国が国交正常化したのは1994年で、それ以前には韓国人の留学生は全くいませんでした。しかし、中韓の間で経済交流が始まると、韓国政府は中国関連の人材育成を目的に、中国留学に対し補助金を出す政策を始めました。そのため、中国に留学する韓国人が一気に増えたのです。

筆者も中国留学を二度経験しています。一度目は1991年から北京師範大学での語学留学、二度目は1999年から天津南開大学での大学院修士です。北京留学時代は欧米人の留学生が多かったのですが、天津では韓国人留学生の多さに驚きました。

中国留学は、語学(中国語)と専門分野に分かれますが、割合から見ると、語学留学生が多いようです。専門分野を学ぶ留学生は本科生と大学院生に分かれます。また、近年では中国の高校にも留学できるようです。

留学先の選択としては、どの都市に行くか、またはどの大学を選ぶかで変わってきます。語学留学の場合は言語環境も重要です。この点は北京がベストでしょう。また、専門分野を学ぶ場合は、大学で選ぶケースが多くなります。語学留学の場合は教員の質も重要ですが、中国語教育のレベルが高いのは、外国語大学か教育大学(師範大学)になります。外国語大学は語学に特化、師範大学は教員養成のための大学なので、いずれも教員の質は高いようです。

 

今回は、中国の大学についていろいろと紹介してきました。興味を持たれた方には、ぜひ中国留学をお勧めします。実際に中国で生活しながら、中国語なり専門分野を学ぶことは非常に得難い経験です。中国に留学する場合の動機は人によっていろいろあるでしょうが、それが将来必ず役に立つ時が来るでしょう。

【文化篇】 中国の大学 -前編-

中国の大学を含む高等教育機関は2020年の時点で2,738校に上り、その内訳は、“本科院校”1,270校、“专科院校”1,468校となっています。

中国では、“高等学校”は大学等の高等教育機関を指し、中学・高校は併せて「中学」と呼ばれます(中学は“初级中学”、高校は“高级中学”)。

“本科院校”とは本科教育を行い、“专科院校”は専門教育を行うという風に区別されています。“院校”とは、“学院”(単科大学/College)と“大学”(総合大学/University)を併せた名称です。

 

中国の近代的な大学の起源をたどると、最も古い大学には下記の4校が有ります。

 

斎魯大学(Cheeloo University) 1864年山東省に設立

聖約翰大学(St. John’s University) 1879年上海に設立

北洋大学堂 1895年天津に設立、天津大学の前身

京師大学堂 1897年北京に設立、北京大学の前身

 

上の2校は外国人により設立され、下の2校は中国人により設立された大学です。このうち、国立の総合大学としては京師大学堂が最も古い大学となります。

新中国建国前(1949年以前)の大学は、その多くが民間設立による私立学校として設立されたものです。そして、多くの私立大学は新中国建国後に国立大学に改組されました。

 

f:id:zhongtian65:20210814222152j:plain

京师大学堂

上記のように、中国では総合大学だけでも1,000校以上あります。では、どのような大学が人気が高いのでしょうか?

この点については、毎年、研究機関や企業による“大学排行榜”(大学ランキング)が発表されています。

その中で、“上海软科教育信息咨询有限公司(Shanghai Ranking Consultancy)”によるランキングデータを紹介しましょう。同社は2009年に上海で設立された教育コンサルティング企業です。中国では、大学ランキングデータの中でも比較的影響力を持っているデータソースとなっているようです。

以下は2021年度のランキングデータです。

第1位 清華大学

第2位 北京大学

第3位 浙江大学

第4位 上海交通大学

第5位 南京大学

第6位 復旦大学

第7位 中国科学技術大学

第8位 華中科技大学

第9位 武漢大学

第10位 西安交通大学

このランキングを見ると、上位5位には古くから続く名門校が多数見られます。もちろんランキングの順位は毎年入れ替わりはありますが、おおむねこの5校が上位を占めています。1位と2位は北京大学清華大学の2校が争っています。北京大学は、中国における最高学府で、日本では東京大学に当たります。しかし、近年では清華大学の方が人気が高く、北京大学を追い抜くことが多いようです。

7位と8位には比較的歴史の新しい大学がランクインしています。7位の中国科学技術大学は1958年に北京で設立されました。この大学は、自然科学分野では中国最高の学術機関である「中国科学院」に直属しています。自然科学分野の研究では、中国でもトップクラスに位置する大学でしょう。また、8位の華中科技大学は、1950年に設立された華中工学院を前身とし、2000年に他の大学と合併し現在の名称に改称されました。

ランキングを決定する要素の中で、大学内の研究者が発表する学術論文数が有ります。これは、研究機関としての各大学の実力をはかる重要なポイントになっています。より盛んに研究を行う大学が上位にランキングされやすいと言えるでしょう。

 

f:id:zhongtian65:20210814222235j:plain

北京大学

日本と中国の大学では、どのような違いがあるのでしょうか?

まず、新学期の始まる時期が異なります。日本は4月ですが、中国は9月です。

さらに、大学の基本的な制度が異なります。日本は大学の中に学部を設置する「学部制」ですが、中国は、大学の中に「学院」(単科大学/カレッジ)を置く「カレッジ制」を取っています。この「カレッジ制」はアメリカの大学と同じシステムで、中国の大学はアメリカの影響が大きいのかもしれません。

また、学生の住居に関しては、日本の大学では地方から来ている学生はすべて学外に自分で部屋を借りますが、中国の大学では敷地内に学生宿舎があり、原則として学内に寄宿します。一部の地元学生は自宅から通う場合もあるようですが、学内での寄宿が基本となります。そのため、中国の大学は敷地が広大で、日本の大学とは比較にならないくらいです。特に学生数が多い大学は、大学自体が一つの街といってもよいほどの規模です。

その他にも、日本の大学では考えられないようなカリキュラムが中国の大学に有ります。それは、“军训”(軍事訓練)と“政治教育”です。“军训”は人民解放軍の現役軍人を教官に招いて行われます。その内容は、軍隊用布団の畳み方から、歩兵ライフルの組み立て方、更にはライフルや機関銃の実弾射撃も行われるそうです。要するに、解放軍での新兵訓練に準じた内容が大学の“军训”でも行われるのです。また、“政治教育”の内容は、“马列主义”(マルクス・レーニン主義)と言う社会主義の古典や、「毛沢東思想」、「鄧小平理論」などの国家主導者の著作を学びます。

これらのカリキュラムも中国の大学教育の一環ですが、当然日本の大学には存在しません。これは大学における相違点というより、日本と中国の国情の違いから来ていると言った方が正しいかもしれません。ちなみに、これらのカリキュラムの対象となるのは中国人の学生だけで、留学生は除外されます。

 

今回の「中国の大学-前編-」では、中国の大学における歴史、ランキングなどを紹介しました。次回の「後編」では、さらに中国の大学について掘り下げていきたいと思います。

【類義語篇】 层次 — 等级

层次céngcì(名)レベル、層

等级děngjí (名)等級、ランク

 

“层次”は、人或いは人に関係のある事柄、例えば「文化」、「知識」、「学歴」、「能力」などに用いられます。

“等级”は主に事物に関する事柄、例えば、「技術」、「品質」、「製品」などに用いられます。

では、それぞれ例文を見ていきましょう。

 

层次

 

这种杂志层次很低。

(この手の雑誌はレベルが低い)

这个小区里住的都是文化层次较高的人。

(この地区に住んでいるのは、みな文化レベルの高い人だ)

 

等级

 

按产品等级高于顶价格。

(製品のクラスによって価格を決める)

封建社会是一个等级非常严格的社会。

封建社会は階級が極めて厳しい社会である)

 

               『学習のポイント』

 

“层次”には、その他に下記のような意味も有ります。

 

①(文章や話の)順序、文脈、筋道

 

这篇文章的层次很清楚。

(この文章の文脈は非常にはっきりしている)

 

②機構や構造内の様々なレベル

 

行政机构层次重叠。

(行政が重なり合っている)

 

③(絵画や画面の)奥行、グラデーション

 

这张照片照得很有层次。

(この写真はとても奥行きを感じさせる)

【慣用句篇】 放空炮

放空炮fàng kōngpào

 

〔意味〕大ボラを吹く、できもしないことを言う

 

“放空炮”は、直訳すると「空砲を打つ」という意味ですが、比喩的な慣用句として用いる場合、“空炮”は「大ボラ」を意味します。すなわち“放空炮”で、「大ボラを吹く」「できもしないことを言う」という意味になります。

 

<使用例>

 

A:周末我请你吃饭,有时间吗?

(週末、食事をおごるよ、時間有る?)

 

B:你又在放空泡了,上次你说请我,到现在还没清呢。现在你说什么我也不信了。

(またホラ吹くなよ、前回もおごると言って、まだおごってないだろ。今更何を言っても信じないぞ)

 

※“放空炮”と似たような意味の慣用句には、

 

放大炮fàng dàpào (大言壮語する)

说空话shuō kōnghuà (空言を吐く)

 

などが有ります。

【ビジネス篇】 环保

环保huánbǎo

 

〔意味〕 環境保護エコロジー

 

“环保”は、“环境保护”(環境保護)の略語です。中国では、改革開放政策の進展につれて、公害などの環境問題が起こってきました。特に、2010年以降は、各地の大気汚染、水質汚染が深刻化し、北京政府は全面的な環境政策への取り組みを本格化させました。現在では、中国経済においても、“环保”は避けて通れない問題になっています。

“环保”の具体的な施策としては、主に、

 

节能jiénéng (省エネルギー

减排jiǎnpái (排出削減)

 

の2つが上げられます。政府は特に、“减排”に力を入れています。

環境政策の拡大により、その分野が新しいビジネスとして立ち上がるケースも増えています。すなわち、“环保经济”(環境経済)や、“环保产业”(エコビジネス)などです。

 

<使用例>

 

从明年起,国家要大大推动新的汗保政策。

(来年から、国は大々的に新しい環境政策を推し進める)

去年12月,在上海举行了国际环保技术展览会。

(昨年12月に、上海で国際エコ技術展が開かれた)

 

               『関連語句』

 

环保产品huánbǎo chánpǐn (エコグッズ、環境関連製品)

环保产业huánbǎo chǎnyè (環境ビジネス、エコビジネス)

环保设计huánbǎo shèjì  (環境デザイン)

环保车huánbǎoo chē  (エコカー

环保税huánbǎo shuì  (環境税

环保袋huánbǎo dài   (エコバッグ)

【成語・ことわざ篇】 词不达意

词不达意cí bù dá yì(成語)

 

〔意味〕言葉の意味がよく通らない

 

“词不达意”は、直訳すると「言葉が意に達しない」、すなわち「言葉の意味がよく通らない、分かりにくい」という意味を表します。演説や文章において、話者や書き手の意味するところが分かりにくい場合に、このように表現します。

“辞不达意”とも言います。“辞”も“词”と同じく「言葉」の意味です。

 

《例文》

 

我本来不善于讲话,有什么词不达意的地方请诸位原谅。

(私は元々は口下手でございますので、意味が通じにくいところが有りましたら何卒お許しください)

他写文章常用华丽词藻,但往往词不达意。

(彼の文章はいつも美辞麗句を用いるが、ややもすれば意味が分かりにくい)

 

※類義語:言不尽意yán bù jǐn yì

【類義語篇】 估计 — 预料

估计gūjì(動)(おおよそ)見積もる、見通しをつける

预料yùliào(動)予想する、予測する

 

“估计”は、「推測する」、「見積もる」ことを表し、その対象は、事物の状況や変化、数量などです。特に数量を見積もる場合は“估计”が用いられます。

“预料”は、「予測する」ことを表し、対象は状況や変化などですが、数量については用いられません。

 

估计

 

我估计下个月15号左右到货。

(来月15日頃に荷物が到着する見込みです)

你估计这次能考多少分?

(今度の試験は何点取れそうかい?)

 

预料

 

我早就预料到这事儿做不成。

(この件は上手くいかないことは早くに予想していた)

我真没有预料到事情会这么糟糕。

(事情がこれほどひどくなっているとは、全く予想外だ)

 

               『学習のポイント』

 

“预料”には動詞以外にも、「予測」、「見込」という意味を表す名詞の用法も有ります。

“估计”には名詞の用法は有りません。

 

情况出乎了我们的预料。

(状況は我々の予想を超えた)

迄今为止,一切都在预料之中。

(今までのところ、すべては予想通りだ)

【成語・ことわざ篇】 来之不易

来之不易lái zhī bú yì(成語)

 

〔意味〕物事を達成したり、手に入れるのは容易ではない

 

“来之”は、“使来之”(これを来させる)という意味で、得る価値のあるもの(事柄)を指します。すなわち「得る価値のあるものを手に入れる、事を成し遂げるのは容易でない」という意味を表します。

 

《例文》

 

获得这么好的成绩,真是来之不易啊。

(こんなに良い成績を取るのは、本当に楽じゃないよ)

【ビジネス篇】 翻译

翻译fānyì

 

〔意味〕 (動)通訳する、翻訳する (名)通訳(者)、翻訳

 

中国ビジネスの中で、通訳や翻訳を行うことは非常に多いです。

中国語の“翻译”は、通常(特に口語)では、「通訳」と「翻訳」の両方を指しますが、狭義では“口译”(通訳)、“笔译”(翻訳)という区別があります。

口語において、“翻译”が「通訳」か「翻訳」のどちらを指すかは、文脈で判断できます。

動詞の用法では、“翻译”を単独で使用する場合は、「翻訳する」を指すことが多いです。「通訳する」の場合は“当翻译”と言います。

また、「通訳(者)」という職業を指す場合も“翻译”と言います。

 

<使用例>

 

小徐,你帮我把这份文件翻译成中文,好吗?

(徐君、ひとつこの書類を中国語に訳してくれないか?)

如果您有语言的问题,我可以当翻译。

(もし言葉の問題が有れば、私が通訳いたします)

【慣用句篇】 喝西北风

喝西北风hē xīběifēng

 

〔意味〕すきっ腹を抱える、貧乏で食べるものがないこと

 

“喝西北风”は直訳すると「北西の風を食らう」という意味です。ここで言う“西北风”とは「冬に吹く冷たい風」のことで、転じて「厳しい現実」という意味を表します。“喝西北风”はすなわち、「厳しい現実にぶつかる」という意味から「貧乏で食えなくなる」ことを表します。

 

<使用例>

 

A:你们公司的业绩怎么样?

(おたくの会社業績はどうだい?)

B:非常不好,已经三个月没发工资了。这个月如果再不发,我们就得去喝西北风了。

(すごく悪いよ、もう三か月給料出てない。今月出なかったら食いっぱぐれだ)

A:那么,你们赶紧去找别的工作吧!

(じゃあ、君たちすぐに別な仕事を探せよ)

【成語・ことわざ篇】 风言风语

风言风语fēng yán fēng yǔ(成語)

 

〔意味〕根も葉もないうわさ、悪意のある中傷

 

“风言风语”の“风”には、「うわさ」、「消息」という意味が有り、一般には悪い意味で用いられることが多いようです(日本語の「風聞」に通じます)。そこから「根も葉もないうわさ」という意味が生じます。

また、「陰でうわさをする」という行為も意味します(2つ目の例文)。

 

《例文》

 

他对于外面的风言风语,从来都是毫不理会。

(彼は外の根も葉もないうわさに関しては全く気にしない)

这个事情都搞清楚了,你就不要再风言风语。

(この件はもうはっきりしたのだ、君は陰でとやかく言うのはやめたまえ)

【類義語篇】 有点(儿) — 一点(儿)

有点(儿)Yǒudiǎn(r)(副)少し、わずかな

一点(儿)yīdiǎn(r) (数)少し

 

“有点(儿)”は副詞で、形容詞の前に置かれ程度が低い、或いは予想していたレベルから少しズレが有ることを表します。多くの場合は、話し手にとって良くないことに用いられます。

“一点(儿)”は数量詞で、形容詞などの後ろに置かれ、補語となります。客観的に何かと比較して、その程度(性質)が「少し」であることを表します。“一”は良く省略されます。

では、それぞれ例文を見ていきましょう。

 

有点(儿)

 

这件衣服我穿有点儿小。

(この服は私には少し小さいようです)

这台笔记本性能很不错,但价格贵,能便宜一点儿吗?

(このノートPCは性能は悪くないが値段が高い、少し安くなりませんか?)

 

一点儿

 

他的身高比我高一点儿。

(彼の伸長はぼくより少し高い)

我们快点儿走吧,赶不上火车了。

(もう少し急ごう、汽車に間に合わない)

 

               『学習のポイント』

 

①“有点(儿)”は、“有点(儿)”+形容詞の後ろに語気助詞の“了”が付くと、主に状態の変化を表します。また、予測とのズレを表す場合もあります。

 

包子有点儿凉了,加热一下吧。

(パオズが少し冷めたので温めなさい)

我们到得有点儿早了,等他们来吧。

(僕らは少し早く着いたようだ、彼らが来るのを待とう)

 

②“有点(儿)”は、質問に答える形で単独使用できますが、“一点(儿)”にはこの用法はありません。

 

你是不是后悔了?——有点儿。

(君、後悔してない?――少しね)

 

③“一点儿”は、“也不~yěbù”と併用する場合は修飾する語の前に置けます。

 

我一点儿也不感兴趣。

(私は少しも興味がない)

 

④“儿”が後ろに着くのは北方の言い方で、南方人の場合はほとんど省略されます。“儿”は“儿化音ěrhuàyīn”すなわち「けん舌音」(舌を上に丸める発声法)と呼ばれ、北方人の言語習慣です。

【ビジネス篇】 零售

零售língshòu

 

〔意味〕 (名)小売り(する)

 

“零售”は商品の「小売り」を表す言い方です。“零售”の“零”は、「こまごまとしている」、「まとまっていない」という意味があり、“售”は「売る」という意味です。すなわち「こまごましたものを売る」 → 「小売り」という意味になります。

“零售”の反意語は“批发”で、「卸売り(する)」という意味になります。

 

<使用例>

 

这些菜的零售价是一斤三块钱。

(これらの野菜の小売り価格は500gで3元だ)

我司为了扩大零售网络,本月初在中国开设了第二家分店。

(わが社は小売りネットワーク拡大のため、今月初中国に二つ目の店をオープンした)

 

               『関連語句』

 

零售商  (小売り商)

零售价  (小売り価格)

零售额  (小売額)

零售店  (小売店

零售业  (小売業)

【慣用句篇】 手头儿紧

手头儿紧shǒutóur jǐn

 

〔意味〕手元が不用意である、懐具合が苦しい

 

“手头儿”とは、ここでは「懐具合」「金回り」という意味を表します。“紧”は「余裕が無い」という意味で、“手头儿紧”で「手持ちのお金が少ない」ことを表します。

 

<使用例>

 

A:你最近手头儿紧不紧?

(君最近手元は不用意かい?)

B:不那么紧,你到底要做什么?

(いいや、いったい何だい?)

A:我想借五千块钱给我儿子交学费,等我发工资再还你。

(うちの子の学費を払うのに5千元借りたいんだ、給料が出たら返すから)

B:你说的是小明吧,没问题。我现在去银行取钱,你等着吧。

(君とこの明くんだろ、大丈夫。今から銀行に金をおろしに行くから,君は待ってな)

 

※“手头儿”はまた、「手元」や「手近なところ」という意味もあります。

 

那本书不在手头儿,在办公室。

(あの本は手元にない、事務所に置いてある)