アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【ビジネス篇】 奖金

奖金jiǎngjīn

 

〔意味〕ボーナス、奨励金

 

“奖金”は、企業において毎月の給料(固定給)以外に支払われる臨時の報酬のことで、日本語では「ボーナス」に当たります。最近は、多くの中国企業でも日本のように年2回(夏季と冬季)に支払われるようになってきました。しかし、元々は「奨励金」という意味合いで、不定期に支払われるものでした。

特に、改革開放以前の社会主義経済の時代は中国の企業はすべて国営で、社会保障など社員に対する待遇は非常に手厚いものでした。しかし、改革開放後に民間企業が増えてくると、企業制度も日本のような西側国家に近いものに変わりつつあるようです。

企業内での臨時の報酬には、“红包hóngbāo”と呼ばれるものもあります。特に“春节”(旧正月)の前に社員に対して配られ、これは中国の伝統的な習慣から来ています。

 

<使用例>

 

因为公司的业绩很差,他今年夏季没有拿到奖金。

(会社の業績がとても悪く、彼は夏のボーナスを貰えなかった)

冬季奖金支付相当于两个半月的标准工资。

(冬のボーナスは月額基準の2.5カ月分が支給されます)

【慣用句篇】 放空炮

放空炮fàng kōngpào

 

〔意味〕大きな口をたたく、できもしないことを言う

 

“空炮”とは文字通り「空砲」と言う意味ですが、転じて「大ぼら」という意味も有ります。

“放空炮”は直訳では「空砲を撃つ」と言う意味ですが、「大ぼらを吹く」或いは「大きな口をたたく」という意味の慣用句としての用法が有ります。この慣用句の場合は、当然否定的な意味合いで用いられます。

似たような慣用句に、“放大炮”も有ります。こちらも直訳では「大砲を撃つ」という意味ですが、転じて「大ぼらを吹く」という意味になります。

 

<使用例>

 

A:周末我请你吃饭,有时间吗?

(週末君にごちそうするよ、時間あるかい?)

B:你又在放空炮了,上次你说请我,到现在还没请呢。现在你说什么我也不相信。

(また大きな口をたたいて、前回も僕におごると言って、まだおごってくれないじゃないか。君が何を言っても信じないぞ)

【成語・ことわざ篇】 未雨绸缪

未雨绸缪wèi yǔ chóu móu (成語)

 

〔意味〕よく準備してから事を行う、転ばぬ先の杖

 

“绸缪”とは、「縄でからげる(縛る)」ことを表し、“未雨绸缪”で「雨が降る前に戸や窓を縄でからげておく」という意味になります。そこから「事を行う前によく準備をする」ことを表します。日本語では「転ばぬ先の杖」ということわざに対応しています。

 

《例文》

 

俗话说“未雨绸缪”,大家要早点做好准备,免得到时候出丑。

(「転ばぬ先の杖」の例えもあるが、みな早めに準備してくれ、その時になって恥をかかぬように)

【表現篇】 自己紹介(1)

今回は、自分を他人に紹介するときの表現を見ていきましょう。

 

自分の名前を他人に言う場合は、下記の2つの表現が有ります。

 

我姓田中。Wǒ xìng tiánzhōng.

(田中と申します)

 

これは、自分の姓を言う場合の表現です。

“姓”は動詞で「~という姓です」という意味を表します。

 

我叫田中一郎。Wǒ jiào tiánzhōng yīláng

(田中一郎と申します)

 

こちらは、フルネームの言い方です。

叫も動詞で「~と呼ぶ」という意味を表します。

中国人の場合は、姓を言う場合が多いようです。

また、この2つの表現を合わせて使うことも出来ます。

 

我姓田中,名字叫一郎。

(田中と申します、名前は一郎です)

 

中国語の“名字”は日本語の「姓」ではなく、「名前」という意味を表す語なので、注意が必要です。

 

次は、自分がどこに住んでいるかを説明しましょう。

 

我住在北海道。Wǒ zhù zài běihǎidào

(北海道に住んでいます)

 

“住”は動詞で「住む」、“在”は後ろに場所を表す名詞(地名等)を置いて、前の動詞を修飾する「補語」の役割が有ります。

自分の住んでいる地名の中国語読みを覚えておくと良いでしょう。

 

次は、自分の年齢を言う場合の表現です。

 

我今年三十五岁。Wǒ jīnnián sānshíwǔ suì.

(今年で35歳になります)

 

また、自分の干支を言う表現もあります。

 

我属老虎。Wǒ shǔ lǎohǔ.

(寅年生まれです)

 

“属”は動詞で「~年生まれである」と言う意味で、干支で生まれた年を言い表すときに用いられます。中国語で「干支(十二支)」のことは、

 

十二生肖shíèr shēngxiāo

または

属相shǔxiàng

 

と言います。

 

次は、自分の仕事(職業)を説明する表現です。

勤め先を言う場合は、

 

我在电脑公司工作。Wǒ zài diànnǎo gōngsī gōngzuò.

(コンピューター会社に勤めています)

 

職業を言う場合は、

 

我当小学老师。Wǒ dāng xiǎoxué lǎoshi.

(小学校の教師をしています)

 

“当”は、「担当する」または「従事する」という意味です。

 

あるいは、こういう言い方も有ります。

 

我做贸易。Wǒ zuò màoyì.

(貿易をやっています)

【成語・ことわざ篇】 土生土长

土生土长tǔ shēng tǔ zhǎng (成語)

 

〔意味〕その土地で生まれ育った、生粋の、生え抜きの

 

“土生土长”は「(その)土地で生まれ(その)土地で育つ」という意味で、転じて「生粋の」、「生え抜きの」という意味を表します。

よく自分や他人の出身地を言い表す場合に用いられる成語です。

同じような意味では、形容詞の“地道”(正真正銘の、生粋の)や、その重ね型の“地地道道”が有ります(重ね型の場合は意味を強調する用法です)。

 

她虽然长得像日本人,但是地地道道的中国人。

(彼女は日本人に似ているかもしれないが、正真正銘の中国人だ)

 

《例文》

 

他在这里土生土长,对这一带的情况非常熟悉。

(彼はここで生まれ育ったので、この辺りのことにはとても詳しい)

【ビジネス篇】  领导

领导lǐngdǎo

 

〔意味〕(名)指導者、リーダー、(動)指導する

 

“领导”は、組織や団体の「指導者」や「リーダー」という意味を表します。国家機関、企業や団体、学校等用いられる範囲は非常に広いです。

国家機関の場合は、主に国家指導者、政府閣僚や中国共産党指導部の政治家を指すことが多いようです。企業の場合は、一般に役員や経営陣を指します。但し、個人的に用いる場合は、自分の上司を指します。

 

国家领导 (国家指導者)

政府领导 (政府首脳)

企业领导 (企業の経営陣)

我的领导 (私の上司)

 

また、動詞の用法で「指導する」という意味も有りますが、名詞の用法がより多く用いられます。

 

<使用例>

 

刘先生是我们公司的领导之一。

(劉さんは我社の指導幹部の一人です)

一个好领导对事业的成功起很大的作用。

(優れた指導者は事業の成功に大きな影響を与える)

他领导的企业后来都成了上市公司

(彼の指導した企業はのちにみな上場企業になった)

 

               【関連語句】

 

领导班子 (経営陣)

领导成员 (指導メンバー)

领导小组 (指導者グループ)

领导机构 (指導機関)

领导作风 (指導のやり方)

领导能力 (リーダーシップ)

集团领导 (集団指導)

【類義語篇】 煎 — 烤 — 烧

煎jiān(動)焼く、炒める

烤kǎo(動)あぶる、焼く

烧shāo(動)煮込む

 

この3つの動詞はいずれも特定の調理法を表します。日本語では「焼く」という意味に対応しますが、正確には下記のような違いが有ります。

“煎”は、「少量の油で材料をなべ底につけたまま焼く」という調理法です。この方法での代表的な料理は、卵を使った「目玉焼き」です。

“烤”は「油を使わず材料を火のそばで焼く」と調理法です。いわゆる「炙り焼き」というもので、代表的な料理は北京の名物“北京烤鸭”です。これは、一匹のアヒルにタレを塗って直火で炙り焼きにしたものです。

“烧”は「油で揚げてからスープを加えて煮込むか炒める」という調理法です。代表的な料理は“红烧”で、ここでの“红”は醤油を意味し、油で揚げた後に醤油で煮込んだものを指します。

では、それぞれ例文を見ていきましょう。

 

 

煎鸡蛋 (卵を焼く/目玉焼き)

煎牛排 (ステーキを焼く)

煎饺子 (餃子を焼く)

 

 

烤面包 (パンを焼く)

烤白薯 (サツマイモを焼く/焼き芋)

烤鱼 (魚を焼く/焼き魚)

 

烧茄子 (ナスを煮る)

红烧牛肉 (牛肉の醤油煮込み)

烧羊肉 (羊肉を煮込む)

 

               『学習のポイント』

 

“烧”については、上記の意味では特定の調理法を指す用法ですが、「加熱して変化させる」という意味があります。こちらは、日本語では「沸かす」、「炊く」 となります。

 

烧水 (湯を沸かす)

烧饭 (ご飯を炊く) → “煮米饭”とも言います。

【表現篇】 日常の挨拶(3)

今回は、別れる時の表現を紹介します。

 

再见。Zàijiàn (さようなら)

 

別れる時の最も一般的な表現です。直訳すると「また会いましょう」という意味になります。英語の“See you”に近い言い方でしょう。

また、別れた相手と次にいつ会うかで、下記のようなバリエーションが有ります。

 

明天见。Míngtiān jiàn (また明日会いましょう)

晚上见。Wǎnshàng jiàn (今夜また会いましょう)

下星期见。Xiàxīngqī jiàn (来週また会いましょう)

下个月见。Xiàgeyuè jiàn (来月また会いましょう)

 

我先走了。wǒ xiān zǒu le (お先に失礼します)

 

何か用事が有って、先に退席する場合の表現です。ここでの“走”は「行く」という意味になります。

 

你慢走。Nǐ màn zǒu (お気をつけて)

 

相手を見送る場合にこう言います。“慢”は「ゆっくり」という形容詞で、直訳すると「ゆっくり行ってください」→「お気をつけて」となります。

相手を敬う場合は、敬語の“您”を用いて、

 

您慢走。Nín màn zǒu (どうぞお気をつけて)

 

と言います。

 

これは、主人がお客に対して使う表現です。

逆に、見送られたお客が主人に対して言う表現は、

 

请留步。Qǐng liúbù (お見送りには及びません)

 

と言います。“请”は「どうぞ」、“留步”は「そのままで」という意味になります。

 

また、旅行や出張などで、長い距離を移動する相手を見送る場合は、

 

一路平安。Yī lù pīng ān

一路顺风。Yī lù shùn fēng

 

と言います。いずれも「道中お気をつけて」という意味になります。

どちらも成語ですが、この場合は見送りの場面だけではなく、これから旅立つ相手に対しても使うことができます。

例えば、

 

A:我告诉你,我下星期一要回国。

(お知らせします。私は来週月曜日に帰国することになりました)

B:是这样,一路平安!

(そうですか、道中お気をつけて!)

 

という風にも使えます。

【慣用句篇】 好说话

好说话hǎo shuōhuà

 

〔意味〕頼みやすい、気さくである、相談しやすい

 

“好说话”の“好”は形容詞ですが、動詞の前に置かれ、その動作が容易にできることを表します。つまり、後ろの動詞(動作)が「~しやすい」という意味になります。したがって、“好说话”は直訳すると「話がしやすい」となり、そこから転じて「頼みやすい」、「気さくである」という意味を表します。人の気質や性格を形容する慣用句です。

 

<使用例>

 

A:听说你已经租到房子了,感觉怎么样?

(君はもう部屋を借りたそうだけど、どんな感じ?)

B:我觉得很好,租金不算贵,房东也很好说话。

(とてもいいよ。家賃は高くないし、大家さんも気さくな人だ)

A:那你比我好多了,我租的房子倒也不算贵,但房东一点儿都不好说话。

(じゃあ君は僕よりずっといいよ。うちも家賃は高くないんだが、大家がすごくとっつきにくいんだ)

 

※“好”と言う語は非常にたくさんの意味と用法が有りますが、ここでの「~しやすい」という用法は、口語の中でも非常によく用いられます。

 

这把菜刀好用 (この包丁は使いやすい)

这条路好走 (この道は歩きやすい)

那篇论文好董 (その論文は分かりやすい)

 

また、否定の“不好”は「~しにくい」、「~するのが難しい」という意味を表します。

 

日子不好过 (暮らしにくい)

这首歌不好唱 (この歌は唄いにくい)

他提出的问题不好回答 (彼の出した問題は答えにくい)

【成語・ことわざ篇】 匹夫有责

匹夫有责pǐ fū yǒu zé (成語)

 

〔意味〕

 

“匹夫有责”の“匹夫”とは、「一般の人」や「普通の人」を指します。会話の中で使われる場合は、下記の例文の言い方がよく用いられます。例を挙げると、中国の歴史ドラマのセリフなどに出てきます。例えば、ドラマの中の主人公が、国家の危機に際して、意を決して立ち上がる場面などで用いられます。

また、『論語』の中にも、“匹夫不可夺志”(匹夫も志を奪う可からず)という一節が有ります。

 

《例文》

 

国家兴亡,匹夫有责。

(国家の興亡については、平凡な普通の人間にも責任がある)

【ビジネス篇】 单位

单位dānwèi

 

〔意味〕機関、団体、部門、職場、勤め先

 

“单位”は「機関」や「団体」、政府、企業などの「部門」、または会社などの「職場」という意味を表します。

意味的には非常広く、政府、非政府機関、民間企業などいずれにも用いられます。

“单位”という単語は、ビジネス中国語の中ではよく出てきますので、日本語に訳すときには、前後の文脈から最もふさわしい訳語を考える必要が有ります。

また日本語にも「単位」という語が有りますが、こちらは大学などの学科で用い、中国語では“学分xuéfēn”と言います。

 

<使用例>

 

你是在外交部哪个单位呢。

(あなたは外交部のどの部門におられますか)

明天我们单位都要休息。

(明日は私の職場は休みになります)

这回的邀请单位是中国书法家协会。

(今回の招聘機関は中国書法家協会です)

 

『関連語句』

 

直属单位 (直属部門)

附属单位 (付属部門)

企事业单位 (企業、事業団体)

行政单位 (行政機関)

生产单位 (生産部門)

工作单位 (勤め先)

【表現篇】 日常の挨拶(2)

今回は、日ごろの挨拶として、相手の様子を聞く場合の表現を紹介します。

 

你最近怎么样?nǐ zuìjìn zěnmeyàng? (最近どうですか?)

 

相手の調子を尋ねる場合の表現です。

“怎么样”は「どうですか」という意味です。

これは、“怎么”(どのように)という疑問詞を用いる表現で、

相手にこう聞かれた場合、例えば、下記のように答えます。

 

我很好。wǒ hěn hǎo (とてもいいです)

马马虎虎吧。mǎma hūhū ba (まあまあです)

还是老样子。háishì lǎo yàngzi (相変わらずです)

 

また、具体的な事柄ついて尋ねたい場合は、下記のような表現になります。

 

最近工作怎么样?zuìjìn gongzuo zěnmeyàng? (最近仕事はどうですか)

最近学习怎么样?zuìjìn xuexi zěnmeyàng? (最近勉強はどうですか)

最近身体怎么样?zuìjìn shenti zěnmeyàng? (最近身体の方はどうですか)

 

相手に「忙しい」かどうかを尋ねる表現です。

 

你最近忙吗?ni zuìjìn máng ma (最近お忙しいですか)

 

このような単純な疑問文の場合は、

 

你最近忙不忙?ni zuìjìn máng bù máng

 

という表現で言い換えできます。

これは、“忙”という動詞を繰り返して用いる「反復疑問文」と呼ばれ、ネイティブはこちらの表現を好みます。

相手には、例えば下記のように答えます。

 

很忙。hěn máng (とても忙しいです)

还行吧。hái xíng ba (まあまあですね)

不太忙。bú tài máng (あまり忙しくありません)

 

このように、中国語には決まった表現(フレーズ)が多く、基本的に誰に対しても用いられます。中国語は、日本語のように複雑な敬語が発達しておらず、誰に対しても同じような表現が使えるのです。

【慣用句篇】 有两下子

有两下子yǒu liǎngxiàzi

 

〔意味〕なかなか腕前が有る、たいしたもんだ

 

“两下子”は「能力」や「腕前」と言う意味で、“有两下子”で「能力・腕前が有る」 → 「たいしたもんだ」という意味を表します。

実際に会話の中で用いられる場合は、意味を強調する“真”や“还”などの語句を伴う場合が多いようです。例えば、

 

你还真有两下子!

(君は本当にたいしたもんだ!)

 

などど言います。

 

<使用例>

 

A:你儿子做什么工作呀?

(君の息子は何の仕事をしてるんだい?)

B:他在一家公司当副总经理。

(息子は会社の副社長をしている)

A:真的吗?你儿子还真有两下子,比你这当爸爸的强多了。

(本当?息子さんは実にたいしたもんだ、親父さんをはるかに超えているね)

 

※“两下子”はこのほかに「(動作の)2、3回」という意味も有ります。

 

给我肩上轻轻捶两下子。

(肩をちょっと軽く叩いてくれよ)

【成語・ことわざ篇】 破釜沉舟

破釜沉舟pò fǔ chén zhōu (成語)

 

〔意味〕戦いに臨んで決意を示す、決死の覚悟でやる、背水の陣を敷く

 

“破釜沉舟”とは、直訳すると「鍋を壊し船を沈める」という意味です。この成語の出典は『史記項羽本紀』ですが、項羽率いる楚軍と秦軍との戦いにおいて、項羽が自軍に乗ってきた船を川に沈め、食事を作る釜も壊して背水の陣を敷かせた、という故事に基づいています。

そこから、“破釜沉舟”は「戦いに臨んで決意を示す」または「決死の覚悟でやる」という

意味に転じました。

 

《例文》

 

如要在这次锦标赛中获得冠军,你们应该有破釜沉舟的决心。

(今回の選手権で優勝したければ、君たちには背水の陣を敷く決心が必要だ)

 

※類義語:背水一战bèi shuǐ yī zhàn

【類義語篇】 酒店 — 旅馆 — 招待所

酒店jǐudiàn(名)

旅馆lǚguǎn(名)

招待所zhāodàisuǒ(名)

 

いずれも「宿泊施設」を表す言い方です。

“酒店”は「ホテル」を指し、“酒店”という場合は、比較的新しいホテルに使われることが多いです。古くて伝統のあるホテルは、“宾馆”或いは“饭店”と呼ばれます。

“旅馆”は、規模が小さく庶民的で、価格も安く泊まれる宿泊施設を指します。地方の小さな都市でも“旅馆”はたくさん有りますが、一般に外国人が泊まれるところはありません。パスポートを携帯する外国人は公安局(警察)が管理する必要が有り、一定規模のホテル以外は宿泊できません。

“招待所”は大学、企業、団体などの宿泊所で、こちらも中国人向けです。利用に際しては身分証明書が必要で、誰でも気軽に宿泊はできません。但し、留学生を受け入れている大学の場合は、外国人も宿泊できる場合があります。

では、それぞれ例文を見ていきましょう。

 

酒店

 

上海的浦东新区去年新开了10家酒店。

(上海の浦東新区は、昨年新たに10軒のホテルが開店した)

 

旅馆

 

上海的酒店太贵了,我们随便找个旅馆住下吧。

(上海のホテルは高いので、どこかの旅館を探して泊まろう)

 

招待所

 

下周我们去北京考察,已经预定了北大招待所的三个房间。

(来週の北京視察は、北京大学の招待所を3部屋予約しました。)