アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【慣用句篇】 炒鱿鱼

炒鱿鱼chǎoyóuyú

 

〔意味〕 解雇する、首にする

 

元々の意味は、読んで字のごとく「イカを焼く」という意味ですが、いつの頃からか「解雇する、首にする」という意味で使われ出した慣用句です。

「解雇される、首になる」と言いたい時には、

 

被~炒鱿鱼  被老板炒鱿鱼 / 被公司炒鱿鱼

 

というふうに使います。

 

<使用例>

 

A:您好,我找你们公司的王明。

(あの、御社の王明さんをおねがいします) 

B:王明?他已经被公司炒鱿鱼了。

(王明?彼なら会社を首になりました)

 

A:下个月,我可能不在我们公司工作了。

(来月、僕はうちの会社にいないかもよ)

B:为什么呀?

(どうして?)

 

A:昨天老板找我谈话,他说他对我的工作态度不太满意。

(昨日、社長から話をされたけど、僕の仕事ぶりが気に入らないらしい)

B:这么说,老板要炒你的鱿鱼?

(それなら、社長から首にされるんじゃない?)   

 

                  f:id:zhongtian65:20191015001047j:plain

 

“炒鱿鱼”は、広東語から標準語に入った言葉だそうです。

では、なぜ「イカを焼く」が「解雇する」になったのか?

諸説有るようですが、ネット上の解説では、その昔、「解雇する」意味の俗語に、

 

卷铺盖juǎn pūgai

 

と言う言い方がありました。これは、「布団をたたむ(丸める)」ということで、解雇された人は、布団をたたんで職場を去ったことに由来するようです。

その後、イカを焼くときに、イカが丸くなる様子が布団をたたむ様子に似ているため、“炒鱿鱼”が“卷铺盖”に変わったという説が有ります。

または、90年代くらいから、会社を首になった人が次の食い扶持としてやったのが、道端で「イカを焼く」という仕事で、こういう人が多かったから、という説もあります。

ちなみに、広東語から標準語に入った言葉としては、

 

买单mǎidān  お勘定

的士díshì  タクシー

 

などもあります。