アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【知識篇】 中国人の姓

 姓は、現代中国語では「姓氏」と併せて言いますが、上古(先秦)時代の中国では、姓と氏に区別が有りました。「姓」は氏族間で共通の血縁を持つことを表し、母系社会を起源としています。「氏」は官職を表し、男系を起源としています。

夏、商(殷)、周朝の三代では、男性は主に氏を、女性は性を称していました。

その後、漢の時代になると、姓と氏はしだいに区別が無くなって一体化し、姓のみが残りました。

また、中国では古い時代から「同姓は娶らず」という不文律が存在して習俗化し、現在でもその影響が残っているようです。

中国人の姓は1万余と言われますが、その内よく使われるのは、数百ほどです。では、これらの「姓」はどこから来たのでしょうか?その来歴をたどると、いくつかに分類されます。

 

1.祖先の名前から取られたもの: 孙、雷、包

 

2.封地の地名や国名に由来するもの: 宋、赵、吴

 

3.職業や官職を姓とするもの: 钱、曹、司马

 

4.山や河などの居住地から来たもの: 乔、姜、西门

 

5.帝王から賜った姓: 张、金、萧

 

6.異民族が漢民族の姓に改姓したもの: 马、长孙、元

 

などです。

 

中国の古い書物に『百家姓』というものが有ります。これは、中国人の姓を羅列しているものですが、子供が漢字を覚えるための学習書として使われていました。『百家姓』という名前ですが、書かれている姓は数百に上ります。

最初は「趙」で始まります。原文の最初の数行です。

 

赵钱孙李、周吴郑王。

冯陈褚卫、蒋沈韩杨。

朱秦尤许、何吕施张。

孔曹严华、金魏陶姜。

 

『百家姓』の成立年代ははっきり分かっていません。宋王朝の国姓である「趙」が最初に来ていることから、成立は宋の時代ではないか?という説もありますが、これはあくまで俗説です。

 

最近の人口統計によれば、中国(中華人民共和国)では、最も多い姓のトップ3は下記のようになります。

 

1位:   “王”  約9,290万人、全人口の約7.25%

2位: “李”  約9,200万人、全人口の7.19%。

3位: “张” 約8,750万人、全人口の6.83%。

 

同じ統計による上位100位の姓は、

 

1-10: 王 / 李 / 张 / 刘 / 陈 / 杨 / 黄 / 赵 / 吴 / 周

11-20: 徐 / 孙 / 马 / 朱 / 胡 / 郭 / 何 / 高 / 林 / 罗

21-30: 郑 / 梁 / 谢 / 宋 / 唐 / 许 / 韩 / 冯 / 邓 / 曹

31-40: 彭 / 曾 / 萧 / 田 / 董 / 袁 / 潘 / 于 / 蒋 / 蔡

41-50: 余 / 杜 / 叶 / 程 / 苏 / 魏 / 吕 / 丁 / 任 / 沈

51-60: 姚 / 卢 / 姜 / 崔 / 钟 / 谭 / 陆 / 汪 / 范 / 金

61-70: 石 / 廖 / 贾 / 夏 / 韦 / 傅 / 方 / 白 / 邹 / 孟

71-80: 熊 / 秦 / 邱 / 江 / 尹 / 薛 / 阎 / 段 / 雷 / 侯

81-90: 龙 / 史 / 陶 / 黎 / 贺 / 顾 / 毛 / 郝 / 龚 / 邵

99-100:万 / 钱 / 严 / 覃 / 武 / 戴 / 莫 / 孔 / 向 / 汤

 

となり、上記の100姓で全人口の約85%を占めるようです。

皆さんの知っている中国人の姓は、だいたいこの中に納まるのではないでしょうか。

ちなみに、中華民国(台湾)の人口統計では、上位の5つは、

 

陈、林、黄、张、李

 

となるそうです。

台湾の場合、南方人が集中しているので、中国の場合と異なるのかも知れません。

たしかに「林」は南方人に多い姓です。

このように、中国人の姓は成立した時代が極めて古く、その分長い伝統を保ってきました。

姓に関して、日本と中国では大きな違いがひとつあります。中国では、女性は結婚しても改姓しません。それは「自分の親から受け継いだ姓は、一生変えない」という伝統の重みかもしれません。