アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文化篇】 中医学とは何か

【文化篇】 中医学とは何か

 

中国の文化は実にさまざまなものが有りますが、今回はその一つである「中医学」を紹介します。 

 

西洋医学とは異なるもの

 

中医学は、西洋医学とは異なる理論体系を持っており、病気の診断や治療方法も異なります。

中医学では、人体には「気・血・津液」という3つのものが流れていると考えます。中でも重要なのは「気」で、気は例えて言えば、目に見えない生命エネルギーです。中医学では、人体の気が正常に流れることで、身体の機能が正常に保たれ、健康が維持されると考えます。例えば、気が体のどこかで滞ったり、不足した場合を「病的な状態」と考え、滞った気を流したり、不足した気を補うような治療を行います。

西洋医学では、症状のある部位を直接治療(対象療法)しますが、中医学は、病気の根本原因は「気の乱れ」だと捕らえ、そのバランスを整えることを考えます。

また、西洋医学では人体を構成する臓器を構造的に把握しますが、中医学では臓器を機能的(働き)に捉えます。

中医学の理論は、中国伝統の「陰陽五行説」を基礎に置き、5つの臓器(五臓)に五行説の要素を当てはめます。一例を挙げると、「心」には「火」が有り、「腎」には「水」が有ります。健康な人では、「心火」が降りて「腎水」を暖め、逆に「腎水」が昇って「心火」を抑えてバランスを保っています。このような状態を「心腎相交」と言います。しかし、何らかの原因で「心火」が不足すると相対的に「腎水」が勝り、体に冷えの症状が現れます。逆も同じで、「腎水」が不足すると「心火」が勝って、その結果火照り、のぼせの症状が現れます。これを「心腎不交」といいます。身体のバランスを整えるということは、こういうことです。

f:id:zhongtian65:20200202161248j:plain

中薬(漢方薬)による治療

 

中医学の治療法には、「中薬」(漢方薬)、「鍼灸」(針治療)、「推拿」(マッサージ)の3つが有りますが、中心は中薬による投薬治療です。中薬と西洋薬の大きな違いは、西洋薬は単一成分の薬を単独で使いますが、中薬は異なる数種類の生薬を混合して使います。中薬の中で、単一成分の薬剤を単独で使うケースはほとんどありません。また、中薬は、まず医師が患者を診察して治療方針を決定し、それからたくさんの処方の中から患者に合ったものを選びます。さらに、患者の体質などに合わせて、それぞれの薬剤の比率を変えることもあります(これを「加減」といいます)。即ち、中薬は患者の症状、病因、体質に合わせてオーダーメードで処方されるのです。

中薬の処方は、その多くが先人たちの知恵と努力によって生み出されたものです。中医学は100%経験医学で、長い年月の間に、たくさんの医者がいろいろな症状(病気)を直す処方を考え、実践してきました。ある意味、中医学は、膨大な数の人体実験の成果の上に成り立っていると言えるでしょう。

中薬の原材料の多くは自然に生えている植物です。動物性のものもありますが、割合は多くありません。工場で化学合成される西洋薬に比べ、植物由来の中薬は穏やかに効き、副作用も少ないのが特徴です(但し、副作用が全く無いわけではありません)。

 

f:id:zhongtian65:20200202161358j:plain


西洋医学を超え、それを補うもの

 

本場の中国では、中医学と西洋医学の長所を融合すべく、長年研究が続けられています。

西洋医学は人体を臓器の集まりと考え、病んだ臓器を別々に治療します。しかし、中医学では人体を臓器の集合体というような捉え方はしません。

中医学では、人体を一つの小宇宙と捉えます。即ち、人間の身体と宇宙は繋がっていると考えるのです。この考えを「天人相関説」と呼びます。一人の患者が複数の病気を持っていても、悪いところを別々に治すのではなく、身体全体の(気の)バランスを整えるという方向で治療の方針を立てます(このような観点から、中医学の理論は一種の哲学体系だとも考えられます)。

さらに、中医学の素晴らしさは「未病」を治すことができる点です。未病とは、明らかな症状として発症していない、言わば病気の一歩手前の状態を指します。西洋医学の検査では結果が出ないものも、中医学から見ると治療の対象なのです。現代の視点から言うと、予防医学が非常に発達しているわけです。そこから、「病気にならないためにはどうすればよいか?」という考え方、即ち「養生」という考えが生まれました。

明治維新以来、日本の医学界は西洋医学を基礎として発展しましたが、一方ではそれまでの「漢方医」の伝統が置き去りにされて来ました。日本の漢方も中医学をルーツに持っており、根は同じです。

 

参考文献:

中国医学から見た「病気でない病気」』(小高修司・講談社ブルーバックス

中国医学を病気で直す~人間全体を診る治療法~』(小高修司・講談社ブルーバックス

『漢方の科学~漢方薬が効くほんとうの理由』(細谷英吉・講談社ブルーバックス