アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文法篇】 必要、義務、勧告を表す表現

中国語で、必要、義務、勧告を表す動詞は、主に“应该”、“得”、“要”などを使います。これらの動詞は後ろに他の動詞を伴い、助動詞的な働きをします。

 

①“应该” 「(当然)~すべきだ」「~であるべきだ」

 

自己的事情应该自己做,不要总是靠别人。

(自分のことは自分ですべきだ。いつも他人に頼ってはいけない)

 

“应该”はまた「~のはずだ」という予測を表します。

 

前两天我已经寄货了,明天应该到。

(2日前にもう荷物を送ったので、明日着くはずだ)

 

②“得”děi 「(義務的に)~しなければならない」「~する必要がある」

 

如果要提高口语水平,你得多听多说。

(口語のレベルを上げたかったら、君はたくさん聞きたくさん話すことだ)

 

“得”は口語で多用されます。

 

③“要” 「希望する」「~したいと願う」「~する気がある」

 

我愿意加入你们的足球队。

(ぼくは君たちのサッカーチームに入ろうと思う)

 

否定形は“不愿意”とします。

 

谁也不愿意自己找麻烦。

(誰も自分から面倒を起こそうとは思わない)

 

上記の3つの表現を願望の度合いから比べると、“想”<“愿意”<“要”となり、“要”は、はっきりした「~したい」という強い願望を表します。

この他に、願望や希望を表す言い方に、“打算”が有ります。これは、願望と言うよりも「~するつもりである」という計画を表す言い方です。

 

明天我打算去参观故宫。

(明日紫禁城を見学に行くつもりです)