アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【知識篇】中国語レベルアップのポイント

国語学習者に共通の課題は、効率よくレベルアップが図れる「学習方法」でしょう。外国語を習得するには長い時間と労力が必要ですが、学習のなかでより良い方法を選ぶことで上達の効率化が図れます。ここでは、中国語を習得する上での難しい点を挙げ、その克服方法について考えていきましょう。

 

①聞き取り(ヒアリング)

 

中国語を習得する上で、最も難しいのは「聞き取り(ヒアリング)」だと言えます。その理由はいくつかあります。

先ず、中国語は簡潔な表現を好む特長があり、文が日本語に比べて短いため、聞き取る際の音声情報が少ないことが上げられます。また、同じ発音でも声調によって意味が変わってくるため、その点でも聞き取りが難しくなります。さらに、方言の差が非常大きく、特に南方語(上海語、広東語など)は、標準語である北京語と比べても、発音上大きな違いが有ります。そのため、南方人は標準語を話す場合も訛りがひどくなり、聞き取る際に大きな障害となります。

したがって、中国語の習得においては、聞き取りの能力を上げていくことが重要課題となります。

では、聞き取りの能力を上げるために、どのような方法が有効でしょうか?

おすすめは「書き取り」(ディクテーション)です。中国語では、“听写tīngxiě”と呼ばれます。文字通り「聞いて書き取る」という意味です。

具体的なやり方は、中国語の音声を聞きながらその内容を書き取っていきます。最初は使っているテキストを利用するのがよいでしょう。最近のテキストにはたいていCDが付属されています。書き取りがひと通り済んだら、テキストを見て間違いを訂正します。その後は、音声を聞きながら、テキストの文章を読んでいきます。

この方法では、音声と文字情報を同時にインプットすることで、記憶の定着がより強固となります。また、音声のスピードを上げて聞くことも有効でしょう(脳の活性化にも役立ちます)。

書き取りは長時間やると頭が疲れます。しかし、集中力を養って中国語の音声に耳を慣らすためにはとても有効な方法です。

 

②発音

 

中国語の発音も日本人にとっては難しいと言えます。なぜなら、中国語には日本語に無い音が含まれるからです。例えば、「r」と「l」の区別、そり舌音と呼ばれる舌を丸めて発音する音(zh/ch/sh)などです。

さらに、中国語は声調言語で、標準語(北京語)の場合は四声があり、発音には一定のリズムを伴います。全般的に平声の日本語とはかなり違います。日本人の学習者には、声調の方にばかりこだわる人がいますが、基本はあくまで発音で発音記号の「ピンイン」をしっかり理解して発音練習をして下さい。また、中国語の発声法はおなかから声を出します。発音する場合の口の形も非常に重要です。中国人の話す声が大きいのは、おなかから声を出しているからです。

中国人の中では、北京人とハルピン人の発音がとてもきれいだと言われます。ネイティブの正確な発音をよく聞いて、正しい発音をイメージすることを心がけてください。身近に標準語のきれいなネイティブがいれば、その人の発音をモデルにして、正しい発音のイメージをつくるのもよい方法です。

 

③語彙(用語法)

 

中国語は、英語のような複雑で規範的な文法体系を持っていません。中国語で意味を表す場合は、文法的な法則よりも、用語法が重要になります。この点は、表意文字である漢字を使うという特長から来ていると考えられます。つまり、英語のような構文の形よりも、より適切な単語を選ぶ「用語」の問題が重要だということです。

さらに、中国語は語彙数が非常多く、類義語(意味が近い単語)も多いことが特長です。そのため、必然的に覚えなければならない単語も多くなります。用語の問題で言えば、いくつかの類義語の中から、最も適切な単語を選択しなければなりません。

単語を覚えるに当たっては、ただ単語の意味だけを覚えるのではなく、例文と一緒に覚えることが効率的です。例文というのは、単語の使い方を示した具体例です。単語の意味だけではなく、使い方も一緒に覚えるということです(言語の運用においては何よりも「使う」ことが重要です)。

さらに、用語法でいえば、語と語の組み合わせ、特に動詞と名詞(目的語)の組み合わせが重要です。これを、文法用語で、“动宾词组dòng bīn cízǔ”(動詞と目的語の組み合わせ)と言います。下記に具体的な例を挙げます。

                            

办手续bàn shǒuxù (手続きをする) 

放暑假fàng shǔjià (夏休みになる) 

打毛衣dǎ máoyī (セーターを編む)     

盖房子gài fángzi (家を建てる)

发工资 fā gōngzī (給料を払う)

接电话jiē diànhuà (電話に出る)

玩笑 kāi wángxiào (冗談を言う)

上大学shàng dàxuě (大学に通う)

拍电影pāi diànyǐng (映画を撮る)

 

これらの動詞と名詞(目的語)の結合は固定的で「連語」とも呼ばれます。覚えるときには連語として覚えましょう。また、単語の組み合わせには、修飾、非修飾的関係のものもあります。

 

以上のように、中国語の中で難しい点をいくつか挙げてみました。難しいところが即ち弱点となります。

習得の過程では、当然ながら弱点を強化することが上達への近道となります。