アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文法篇】 「持続」を表す表現(持続相)

「持続相」とは、ある動作が続いている(持続している)ことを表す表現方法です。

動詞にアスペクト助詞“着”を付けて、ある動作の「進行」や「継続」を表します。持続相でも、目的語に限定語がついていない場合には、語尾に“呢”を取ることが多いです(限定語とは、名詞の前に置かれ名詞を説明する語)。

なお、“着”には、心理作用を表す動詞(“喜欢”、“爱”、“知道”など)や一度だけの動作を表す動詞(“来”、“去”、“到”など)には付きません。

では、基本的な構文を見ていきましょう。

 

〔肯定文〕「~しています」、「~してあります」

 

主語 + 動詞 + 着 (+ 目的語)  

 

办公室的门开着呢。

(事務所のドアが開いています)

老师在讲台上站着。

(先生は教壇に立っています)

 

後者の場合は、「立つ」という動作の継続で、「立つ」という結果が続いている(立ったままでいる)という形です。この形を取る動詞には、“坐”(座る)、“躺”(横たわる)、“扛”(かつぐ)、“举”(持ち上げる)などが有ります。

 

〔疑問文〕「~していますか」「~してありますか」

 

主語 + 動詞 + 着 (+目的語) + 吗 / 没有?

 

窗户开着吗? - 开着。 / 没开着。

(窓は開いていますか? - 開いています。 / いいえ開いていません。)

墙上贴着海报吗? - 贴着。 / 没贴着。

(壁にポスターが貼ってありますか? - 貼ってあります / 貼ってありません)

 

〔否定形〕「~していません」「~してありません」

 

主語 + 没(有) + 動詞 + 着

 

窗户没开着。

(窓は開いていません)

这封信上没(有)贴(着)邮票。 

(この封筒には切手が貼ってありません)

 

否定形は、“没(有)···着”としますが、述語動詞が目的語を伴う場合は、後者の例文のように“着”を省略することもあります。

 

《学習のポイント》

 

①連動文では、前の動詞にをつけて、後の動詞が表す動作や行為の手段を表します。

 

我们坐着听老师唱歌

(私たちは座って先生の歌を聴きます)

姐姐穿着连衣裙参加晚会。

(姉さんはワンピースを着てパーティーに参加します)

 

②“正”、“在”、“正在”、“呢”と一緒に“着”を用いると、意味が強調されることがあります。

 

等一等吧,我正换着衣服呢。

(ちょっと待って、服を着替えてるところだから)

妈妈正在跟婷婷做着饭呢。

(お母さんはティンティンと食事を作っているところです)

 

③「進行」と「持続」の違いについて

 

日本語では、「進行」と「持続」はともに「~している」と言い表しますが、中国語では、言い方が異なります。

 

「妹は部屋で英語の勉強をしています」

「妹の部屋は窓が開いています」

 

という2つの文を比べると、前者は「進行」、後者は「持続」と考えられます。すなわち中国語では、

 

妹妹正在在房间学习英文呢。

妹妹的房间,窗户开着呢

 

と区別して表現します。