アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【類義語篇】 故乡 — 家乡

故乡gùxiāng(名)故郷、ふるさと

家乡jiāxiāng (名)故郷、ふるさと

 

“故乡”、“家乡”は、辞書の訳語では、どちらも日本語の「故郷」を指す言葉です。大まかに言えば同じ意味ですが、厳密な解釈では違いが有ります。

“故乡”は、自分が生まれ育った或いは長く住んていたが、今は住んでいない場所を指します。主に書面語で使われます。

“家乡”は、自分の家族(一族)が代々住んでいる場所を指します。自分が今も住んでいるかどうかは問いません。主に口語で使われます。

下記の2つの例文で比べてみましょう。

 

北京是我的故乡。

北京是我的家乡。

 

前者では、北京で生まれ育ったが今はもう住んでいないことを表しています。

後者は、出身地または原籍が北京である(一族が代々住んでいる)ことを表しています。

“故乡”という語には、故郷の北京に対する「懐かしさ」「郷愁」が込められている言ってよいでしょう。

台湾の歌手齐豫でヒットした流行歌“橄榄树”の歌詞に次のような一節があります。

 

不要问我从哪里来,我的故乡在远方

(どこから来たかは聞かないで、私の故郷ははるか遠く)

 

作詞者は台湾作家の三毛ですが、各地を放浪する女性の故郷に対する郷愁が描かれています。この歌詞の中で、“故乡”を“家乡”としたのでは、郷愁の念は出てこないでしょう。“故乡”はこうした語感を含んでいます。

 

               『学習のポイント』               

 

実際の会話の中で、自分の故郷(出身地)を言う場合は、“家乡”が使われることが多いようです。あるいは、それに近い“老家”(いなか)が使われます。