アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文法篇】 補語その5 - 「可能補語」

「可能補語」は、動詞の後に置く補語成分を使って、「可能不可能」を表す補語成分です。

通常中国語で可能不可能を表す場合は、能願動詞の“能、“会”または“可以”を使って表しますが、「可能補語」の場合、補語で表せます。

特に、「可能補語」は否定形で多用され、補語成分によって「なぜできないか」という状況を説明できます。

例を挙げると、「(あるものが)買えない」という意味を表したい場合、能願動詞では、

 

不能

 

というふうに、単純に不可能なこと(買えない)を表すだけですが、「可能補語」を使うと、

 

买不到〔(ものがなくて)買えない〕

买不起〔(お金が無くて)買えない)〕

买不了〔(ものがたくさんありすぎて)買いきれない〕

 

というふうに、不可能なことの「背景」を説明できます。これが「可能補語」の利点です。

通常、「可能補語」にできるのは「結果補語」の一部と「方向補語」です。

では、下記に基本文型を見ていきましょう。

 

【基本文型】肯定文「~できます」

 

主語 + 動詞 + 得 +結果補語 (+目的語)

主語 + 動詞 + 得 +方向補語 (+目的語)

 

他说话的速度很慢,我都听得懂。

(彼の話すのがゆっくりなので、私はすべて理解できます)

我买得起电脑。

(私は〔金銭的に〕コンピューターを買えます)

我们吃得来生鸡蛋。

(私たちは生卵を食べられます〔口にできます〕)

 

【基本文型】否定文「~できません」

 

主語 + 動詞 + 不 +結果補語 (+目的語)

主語 + 動詞 + 不 +方向補語 (+目的語)

 

否定形は、肯定形の“得”を“不”に置き変えます。可能補語は、否定形で使われることが多いです。

 

他说话的速度太快,我听不懂

(彼は話すのが速くて、私は聞き取れません)

那件衣价格太贵,我买不起

(あの服は値段が高くて、私は買えません)

他写的字太小,我看不清

(彼の字はあまりに小さくて、私ははっきり読めません)

 

【基本文型】否定文「~できますか」

 

文末に“吗”を加えると疑問文になります。

 

今天的作业,你作得完吗?

(今日の宿題は、終えられますか)

今天晚上你回得来吗?

(今晩あなたは帰って来られますか)

 

可能補語の構文が目的語を取る場合は、通常可能補語の後に置きます。

 

我听不懂你说的话。

(私はあなたの話すことが理解できません)

我拿不动这么重的行李。

(私はこんなに重い荷物は持てません)

 

目的語が長くなる場合は、文頭に持ってきます。

 

前天我寄出去的包裹,明天收得到吗?

(おととい私が送った荷物は明日届きますか)

 

可能補語を使う場合気をつけることは、可能補語はあくまで能力や可能性の有無を表す表現です。学習の結果、「できる・できない」を表す“会”や、許可を表す“可以”、“能”としての用法はありません。

 

次に、会話の中でよく使われる可能補語を見ていきましょう。よく使われる可能補語には、常用動詞に可能補語をつけたものが多くなります(否定形で使う場合が多いです)。

 

“吃不惯”(食べなれない)

 

中国的西北菜太油腻,我吃不惯。

(中国の北方料理は油濃くて食べなれない)

 

“吃不了”(〔量が多くて〕食べきれない)

 

一个人吃不了这么多菜。

(こんなに多くの料理は一人では食べきれない)

 

“吃不下”(のどを通らない、飲み込めない)

 

他心里有事,连饭都吃不下。

(彼は心配事が有って、食事ものどを通らない)

 

“说不好”(うまく言えない、断言できない)

 

这件事将来怎么发展,我也说不好。

(この件は将来どうなっていくのか、私にも断言できない)

 

“说不来”(馬が合わない)

 

我和他说不来,一说就开始吵架。

(私は彼とは馬が合わず、話すとすぐ口げんかになる)

 

“说不清”(はっきり言えない)

 

到底有什么原因,谁也说不清。

(いったいどんな原因なのか、誰にもはっきり言えない)

 

“看不见”(見えない)

 

太阳出来了月亮就看不见了。

(太陽が昇ったら、月は見えなくなる)

 

“看不出来”(見分けがつかない)

 

小王长得很像日本人,真看不出来。

(王君は日本人に良く似ていて、本当に見分けがつかない)

 

“看不懂”(見て分からない)

 

我奶奶不识字,看书一点儿都看不懂。

(おばあちゃんは文盲で、本は少しも読めません)

 

“想不到”(思いがけない、想像もつかない)

 

真想不到他竟会这么小气

(彼がこんなにケチだったとは本当に思いがけない)

 

“想不开”(諦めきれない)

 

为什么你这样想不开呢?

(君はどうしてこんなに諦めが悪いんだ)

 

“想不出”(思いつかない)

 

我想来想去,但怎么也想不出好主意。

(いろいろ考えたが、どうしても良いアイデアが浮かばない)

 

“听不进去”(聞き入れない、耳に入らない)

 

他听不进去老师的劝告。

(彼は先生の忠告を聞き入れない)

 

“听不见”(聞こえない)

 

这家餐厅里太吵,我听不见他的声音。

(このレストランはうるさくて、彼の声が聞こえない)

 

“睡不好”(よく眠れない)

 

晚上太闷热,我谁也睡不好。

(夜は蒸し暑くて、よく眠れない)

 

“睡不着”(寝付けない)

 

明天参加期末考试,她怎么也睡不着。

(明日は期末試験が有るので、彼女はどうしても寝付けない)

 

“找不到”(見つけられない)

 

我钱包丢了,找也找到。

(財布をなくして、探したが見つからない)

 

“赶不上”(間に合わない)

 

路上堵车很厉害,我赶不下午两点的火车。

(道路の渋滞がひどくて、午後2時の列車に間に合わない)

 

上記の例のように、可能補語は慣用的に用いられるものが大変多く、ネイティブの中国人も会話ので頻繁に使っています。

不可能の表現は“能”を使っても出来ますが、可能補語を使うとネイティブの表現により近くなります。ぜひたくさん覚えて使ってみてください。