アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文化篇】中国武術・後編 ~中国武術の達人たち~

前編では、中国武術のさまざまな流派を紹介しました。中国武術には実に多くの流派が存在しましたが、その歴史の中では、各流派を代表する武術の達人たちが活躍しました。後編では、中国武術史を彩る中国武術の達人たちを紹介します。

 

李書文 ~李書文に二の打ち要らず~

 

李書文は八極拳の使い手で、この流派を代表する達人の一人です。清朝末期の1864年に、河北省滄州の貧しい農村に生まれました。滄州は北派武術の中心地として名高く、李書文も少年の頃から有名な師匠について八極拳を学びました。昼夜を問わず練習に励み、やがて師や兄弟弟子にも一目置かれるほどの実力をつけました。

かれは、小柄な体格に似合わず怪力の持ち主でした。ある日のこと、北京でいちばんの力持ちが李書文に力比べを挑んだ際、李書文は三尺の鉄棒を石の壁に突き刺し、この棒を抜くよう言ったところ、相手は半日ものあいだ棒と格闘したが、ついに抜くことができなかったそうです。

李書文は、武術家として一家を成した後に何人かの弟子をとりました。その内有名なのが、最初の弟子霍殿雲と、最後の弟子劉雲樵です。霍殿雲は後にラストエンペラー溥儀の衛兵、劉雲樵は台湾総統府侍衛隊の武術教官となりました。李書文の教えた八極拳は、「李氏八極拳」として一派を成しました。

李書文の八極拳は実戦重視で、その風格は質実剛健であったと言います。弟子たちには「千招有るを怖れず、一招熟するを怖れよ(いろいろな技を覚えるより、一つの技を極めよ)」と教えました。小手先の技を嫌い、相手を一撃で倒すことを理想としたのです。実際、たくさんの武術家がかれに試合を挑みましたが、そのほとんどは最初の一撃だけで倒されたそうです。その風格は、世人に「李書文に二の打ち要らず、一つあれば事足りる」と言わしめました。

李書文は、1934年に天津で70年の生涯を閉じました。死因については毒殺説や病死説など、はっきりとしていません。現在では、中国武術史に残る、伝説の武術家の一人として伝えられています。

李書文を取り上げたメディア作品には、松田隆智藤原芳秀作の漫画『拳児』が有ります。李書文は映画化やドラマ化がされておらず、一般的な知名度は高くないかもしれません。しかし、かれは武術家として実に個性的で、また、その生涯も大変興味深いものです。どこかの映画会社が李書文の映画を作ってくれないか、と密かに期待しています。

f:id:zhongtian65:20201009224417j:plain

李書文

霍元甲 ~尚武精神~

 

霍元甲は、1868年に天津で生まれました。かれの修めた流派は「秘宗拳」と呼ばれ、河北省を中心に伝承された北派武術の一つです。別名は「燕青拳」とも呼ばれます。「燕青」は水滸伝に登場する英傑の一人で、武術の達人であったと伝えられています。

霍家は代々武術家を輩出した武門の家柄ですが、霍元甲の幼少期は病弱な子供だったので、父親は息子にあえて武術を教えなかったそうです。そのため、兄弟の稽古をこっそり見ながら独学で習得しました。20歳を過ぎたころに父親にその実力を認められ、家伝の秘宗拳を伝授されました。

1909年に上海に出た霍元甲は、仲間たちと共同で「上海精武体操学校(後に上海精武体育会に改称)」を創設しました。この学校の設立には、当時の中国で革命運動を起こした中国同盟会も関わっていました。そのため、同盟会総理の孫文が扁額に揮毫し、これを贈りました。その扁額は「尚武精神」と書かれ、霍元甲の武術家としての活動を讃えています。

かれらが武術学校を開いた理由は、当時欧米列強の侵略に晒された中国で、武術を通じて国民に愛国精神を奮い立たそう、というものでした。その心意気に、孫文たち革命家も強く賛同したのでしょう。

霍元甲の死については、ひとつの伝説が残っています。それは、当時日本人の武術家を試合で打ち負かしたことで日本人の恨みを買って毒殺されたという説です。しかしこれは事実に反し、親族の証言によれば、持病の肝硬変が悪化して病死したということです。霍元甲の毒殺説は、あくまで小説などのフィクションの中の話ですが、映画やドラマを通じて広く流布しています。

霍元甲の毒殺説を取り入れた映画で有名なものが、ブルース・リー主演の『ドラゴン怒りの鉄拳』です。リー演じる主人公の陳真(架空の人物)が、毒殺された師匠の敵を討つために日本人の道場に殴りこみをかけ、敵のボスを打ち倒すというストーリーです。

また、2006年に公開された中国映画『SPIRIT』は、霍元甲の生涯を描いた伝記映画です。自身も武術の使い手であるジェットー・リーが霍元甲を演じきり、映画は大ヒットしました。劇中、中村獅童扮する日本人武道家との試合は迫真の演技で、久しぶりに本格的なカンフー映画を堪能しました。この映画でもラストで霍元甲が毒殺される場面が描かれ、フィクションにおける定説を踏襲しています。

 

f:id:zhongtian65:20201009224458j:plain

霍元甲

黄飛鴻 ~香港映画のスーパースター~

 

黄飛鴻は、1847年に広東省広州で生まれた武術家です。南派武術の代表と言える洪家拳の達人で、父親の黄麒英もこの流派の使い手でした。小さいころから父親について洪家拳を学び、少年時代は、父と共に中国各地で修行と演舞の旅を続ける日々を送りました。やがて、成人するころには、同派において並ぶものの無い境地に達しました。

黄家は、代々武術と並んで医術も手がけていました。父親の経営する「寶芝林」では、漢方の薬局と同時に武術道場も開き、弟子の育成にも励みました。1863年、飛鴻が16歳の時に父親が他界、かれは「寶芝林」の経営を引き継ぎます。その後は、欧米列強の中国侵略が進む中で、広東の市民に武術を教え、自警団を率いて、民間レベルでの治安維持に努めました。動乱の時代に、国のために尽くした愛国の武術家として、現在でも高い評価を受けています。

黄飛鴻は、生前から非常に人気が高く名の通った武術家で、かれの死後も中国各地の新聞や雑誌などで伝記や小説が盛んに連載され、中国でも最も有名な武術家の一人になりました。

黄飛鴻を題材にした映画には、古くは1949年に公開された『黄飛鴻傳上集』が有ります。その後、現在までに製作された映画は80本を超え、近代の歴史人物としては、映画化された本数が最も多い人物ではないでしょうか。

日本で有名な黄飛鴻の映画は、ジャッキー・チェン主演の『ドランク・モンキー酔拳』と、ジェット・リー主演の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズでしょう。特に『ワンス・アポン・ア・タイム』シリーズは、ジェット・リー主演作では全6作、その他、異なる俳優の主演作もたくさん作られてました。また、香港のTVシリーズでも6作が製作され、同一人物を描いたシリーズものとしては、香港でも最多の作品ではないかと思います。

これだけたくさんの作品が製作されたことでも分かるように、香港の人々にとって、黄飛鴻は武術の達人であり、また義侠心に厚い真のヒーローであることが分かります。

 

f:id:zhongtian65:20201009224556j:plain

黄飛鴻

葉問 ~ブルース・リーのお師匠さん~

 

葉問は、洪家拳と並ぶ南派武術の代表、詠春拳の達人です。かれは1893年広東省仏山で生まれました。葉家は代々製糸業を営む裕福な家庭でした。1904年に、詠春拳の大家である陳華順に弟子入りしましたが、その時はわずか11歳でした。裕福な家庭の子弟だった葉問は道場には通わず、両親が高額な月謝を支払って、師匠を自宅へ招いて個人教授を受けました。

1909年、16歳になった葉問は香港へ留学し、ミッション系のカレッジに入って外国語や数学などを学びました。1918年に仏山に戻った葉問は警察官の職を得て、清朝高官の娘張永成と結婚しました。

1937年に日中戦争が始まると、日本軍は仏山にも侵攻し、葉門の財産と邸宅は日本軍によって没収、自宅は軍の司令部が置かれました。それまで裕福な暮らしをしていた葉問でしたが、戦争によりすべてを失い、家族を連れて仏山を離れました。その後、国共内戦を経て共産党政権が誕生すると、単身で香港に亡命しました。

ほとんど無一文で香港へやって来た葉問は、非常に苦しい生活を強いられました。かれは武術を教えて生計を立てようと考え、知人のつてを頼ってなんとか弟子と稽古場の確保しました。

葉問は、弟子の指導にあたって、五行説などの古代理論や伝統的な教え方を捨て、科学に基づいた合理的な教授法を取り入れました。中国伝統文化の一部である武術から古い理論を排し、学びやすい理論的な指導を実践したのは画期的なことです。

1953年には、少年時代のブルース・リーが葉問のもとを訪れ、5年間詠春拳の修行を積みました。

晩年には自身の武館(道場)を閉め、武術の指導は個人教授のみ受け付けることとしました。1968年には、葉問の悲願だった葉問派詠春拳の統括団体「詠春聯誼会」を設立しました。この団体は、武術団体では初めて香港政府から認可を受け法人化を取得しました。

1972年12月1日、葉問は香港で永眠、享年79でした。

こうした葉問の生涯は、ドニー・イェン主演の映画『イップ・マン』シリーズで描かれています。第3作の『イップ・マン継承』では、若き日のブルース・リーが葉問を訪ね、弟子入りを乞うエピソードが挿入されています。ブルース・リー自身も、一人の武術家として達人の域に達しましたが、リーは、葉問から学んだ詠春拳を基礎に、様々な武術の要素を取り入れた「截拳道ジークンドー)」を創始しました。その中では、「無駄なことをしない」という葉問派詠春拳の合理精神を受け継いでいると言われます。

 

f:id:zhongtian65:20201009224636j:plain

葉問とブルース・リー