アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【知識篇】 中国の交通(その1) - 鉄道と切符の買い方・乗り方

中国を旅行していて、鉄道を利用する機会は多いと思います。とりわけ近距離の場合は、ほとんどが列車での移動になります。

中国と日本の鉄道を比べた場合いろいろな違いがありますが、最も大きな違いは駅の構造ではないかと思います。

中国の駅(特に新幹線の駅)の場合は、どの駅もほとんど同じつくりになっています。簡単に言うと,、待合場所がホームの上に造られていて、乗車口(改札)と出口が別々になっています。列車に乗る方法は、先ず駅に入るとエスカレーターで最上階(待合場所)に上がります。そして、乗車する場合は、改札を通ってホームに降りて行きます。

こういう構造になっているのは、恐らく乗客が極端に多く混乱を避けるために、改札口と出口を分けているのだと思われます。極めて合理的な構造です。そして、駅舎も日本に比べ驚くほど巨大です。

f:id:zhongtian65:20201025213225j:plain

北京站

1.列車の種類

 

列車の種類は、普通列車から高速鉄道(新幹線)まで各種そろっていて、これは日本とほぼ同じでしょう。

中国語では、それぞれ次のような呼び方になります。

 

高铁gāotiě

(新幹線→記号は「G」)

 

 动车组dòngchēzǔ

(在来新幹線→記号は「D」)

 

直达特快列车zhídátèkuàilièchē

(特急寝台列車→記号は「Z」)

 

特快列车tèkuàilièchē

(特急列車→記号は「T」)

 

 快速列车kuàisùlièchē

(急行列車→記号は「K」)

 

普快列车pǔkuàilièchē

普通列車→記号無し)

 

後ろのアルファベットと数字は各列車の記号で、列車番号につけられています。例えば、“高铁”の場合は「G7456」など)。“普快”だけはアルファベットの記号はなく、4桁の数字で表します。

「高鉄」は高速鉄道の略称で日本の新幹線に当たります。日中、特に都市間の移動は主に高鉄を利用しますので、外国人が最も乗る機会の多い列車になります。

では、実際に運行されている各列車のダイヤを見てみましょう。区間は同じ「北京」-「上海」間です。但し、“快速”だけは「北京」-「上海」間の便が有りませんので、「天津」-「上海」間のダイヤになります。

 

G1    高铁     北京南9:00 - 上海虹桥13:28

D701  动车组   北京19:22 - 上海虹桥7:25

Z281  直达特快 北京19:10 - 上海南9:51

T109  特快     北京20:05 - 上海11:00

K335  快速     天津11:30 - 上海南4:41

1416  普快     北京11:55 - 上海7:00

 

北京-上海間は、中国の鉄道網でも、最も乗降客の多い路線になるでしょう。そのため、ダイヤの大部分は“高铁”で占められています。北京-上海間の鉄道は、“高铁”が出来るまでは一晩掛掛かりましたが、現在では最短で4時間28分で行けるようになりました。

f:id:zhongtian65:20201025212924j:plain

中国高铁

2.切符の買い方

 

切符は駅の券売所、または街中に切符売り場があり、そこで購入できます。

「切符売り場」は中国語では、

 

售票处shòupiàochù

 

と言います。

切符を買うときは、窓口で日付、列車番号、出発地と目的地、座席の種類等を告げます。

たとえば、

 

买一张高铁票,一等座,G120,6月1号,从北京到上海。

 

などと言います。

必要な情報は、「列車番号」、「日付」、「区間」、「枚数」、「列車の種類」です。

中国語にまだ自信のない人は、買いたい列車の内容を紙に書いて渡すと、間違いなく購入できます。

切符を買う際には身分証(パスポート)の提示が必要ですので、紙とパスポートを一緒に窓口に出すとよいでしょう。

また、切符の時間変更をしたい場合は、切符売り場にある専用の窓口でできます。

「切符の時間変更」は、中国語では、

 

改签gǎiqiān

 

と言います。

また、「切符のキャンセル(払い戻し)」は、

 

退票tuìpiào

 

と言います。

キャンセルする場合は、キャンセル料として料金の5%ほどを支払います。

中国は十数億の巨大な人口を有する国で、とにかくどこへ行っても人だらけです。したがって、列車の乗客も非常に多く、慢性的に切符が買いにくい状況となります。

旅行の行動予定が決まっている場合は、少なくとも前日の切符購入をお勧めします。ただし、日付の変更はできません(例えば、明日の切符を明後日に変更したい場合は、明日の切符を一度キャンセルし、改めて明後日の切符を購入する必要があります)。

時間変更は切符の購入よりやりやすいので、当日の予定が替わる場合などは、あらかじめ切符を買っておいて、予定の変更に合わせて切符の時間も変更するとよいでしょう。

最近では、インターネット上で列車の予約と切符の購入ができるようになりました。しかし、ネットで切符を買う場合は、支払いがクレジットカードやネット決済になるので、人民元の銀行口座を持っていることが条件となります。したがって、短期旅行などで中国を訪問する外国人の場合は、ハードルが非常に高くなります。

f:id:zhongtian65:20201025213129j:plain

杭州站售票处

3.列車の乗り方

 

中国の列車は、新幹線から普通列車まですべて座席指定となっていて、日本のような自由席はありません。

したがって、切符にはすべて車両番号、座席番号が記載されており、その番号を確認して自分の座席に座ります。

以前中国の列車に乗る時に、よく自分の座席に知らない中国人が座っていました。その頃は、切符で指定された座席に座るという、日本では当たり前のマナーが守られないことが多かったのです。しかし、最近は、特に“高铁”の乗客はよくマナーを守って、きちんと自分の座席に座るようになったようです。

車中でのコミュニケーションも、旅の思い出の1ページを飾ることができるのではないでしょうか。中国語が話せる場合は、思い切って、隣の席の人に声をかけてみてはいかがでしょう。

中国語があまり得意出ない場合も、日本人には「筆談」という裏技があります。その場合は、小さなノートをバッグに忍ばせておきましょう。

日本人は見ず知らずの人と話すのは若干抵抗がありますが、中国人の場合は、全く知らない人でも自由にコミュニケーションできるという非常に良い習慣があります。

しかも、相手が外国人の場合は、よろこんでおしゃべりに付き合ってくれるでしょう。