アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文化篇】 中国の少数民族 

広大な領土を持つ中国には、実にたくさんの少数民族が暮らしています。その数はぜんぶで55民族ですが、最大の特徴は人口比に占める割合が極めて小さく、文字通り「少数」だと言うことです。最大の民族は「漢族」で人口の92%を占めています。少数民族は、そのすべての人口を合計しても、わずか8%に過ぎません。

中国はアメリカやかつてのソ連邦のようは他民族国家であることは、日本で知られていても、漢族以外の民族がごく少数であることはあまり知られていないでしょう。

しかし、長い中国の歴史を見ると、それは漢族と異民族との交流と抗争の歴史であることがよくわかり分かります。

それでは、55の少数民族を下記に列挙してみましょう。

 

中国語名 日本語名/居住地区/人口

壮族Zhuàngzú チワン族/江西、雲南、貴州ほか/1692.6万人

回族Huízú 回族寧夏、甘粛、青海ほか1058.6万人

满族Mǎnzú 満族 遼寧吉林黒竜江ほか 1038.8万人

维吾尔族Wéiwú'ěrzú ウィグル族/新疆ほか/1006.9万人

苗族Miáozú ミャオ族/貴州、雲南、湖南、広西ほか/942.6万人

彝族Yízú イ族/雲南、四川、貴州、広西ほか/871.4万人

土家族Tǔjiāzú トゥチャ族/湖南、湖北ほか/835.4万人

藏族Zàngzú チベット族チベット、青海、四川ほか/628.2万人

蒙古族Ménggǔzú モンゴル族内蒙古、東北、西北地方/598.2万人

侗族Dòngzú トン族/貴州、湖南、広西/288.0万人

 

f:id:zhongtian65:20201110221800j:plain

壮族

布依族Bùyīzú プイ族/貴州/287.0万人

瑶族Yáozú ヤオ族/広西、湖南、雲南ほか/279.6万人

白族Báizú ペー族/雲南ほか/193.4万人

朝鲜族Cháoxiānzú 朝鮮族遼寧吉林黒竜江ほか/183.1万人

哈尼族Hānízú ハニ族/雲南/166.1万人

哈萨克族Hāsàkèzú カザフ族/新疆、青海、甘粛/146.3万人

黎族Lízú リー族/海南/146.3万人

傣族Dǎizú タイ族雲南/126.1万人

畲族Shēzú ショオ族/福建、浙江ほか/70.9万人

傈僳族Lìsùzú リス族/雲南ほか/70.3万人

 

f:id:zhongtian65:20201110221852j:plain

白族

东乡族Dōngxiāngzú トンシャン族/甘粛ほか/62.2万人

仡佬族Gēlǎozú コーラオ族/貴州ほか/55.1万人

拉祜族Lāhùzú ラフ族/雲南/48.6万人

佤族Wǎzú ワ族/雲南/43.0万人

水族Shǔizú スイ族/貴州、広西/41.2万人

纳西族Nàxīzú ナシ族/雲南、四川/32.6万人

羌族Qiāngzú チャン族/四川/31.0万人

土族Tǔzú トゥー族/青海、甘粛/29.0万人

仫佬族Mùlǎozú ムーラオ族/広西/21.6万人

锡伯族Xībózú シボ族/新疆、遼寧吉林/19.0万人

 

f:id:zhongtian65:20201110221942j:plain

纳西族

柯尔克孜族Kē'ěrkèzīzú キルギス族/新疆、黒竜江/18.7万人

景颇族Jǐngpōzú チンポー族/雲南/14.8万人

达斡尔族Dáwò'ěrzú ダフール族/内蒙古黒竜江、新疆/13.2万人

撒拉族Sālāzú サラール族/青海、甘粛/13.1万人

布朗族Bùlángzú プーラン族/雲南 12.0万人

毛南族Máonánzú マオナン族/広西/10.1万人

塔吉克族Tǎjíkèzú タジク族/新疆/5.1万人

普米族Pǔmízú プミ族/雲南/4.3万人

阿昌族āchāngzú アチャン族/雲南/4.0万人

怒族Nùzú ヌー族/雲南/3.8万人

 

f:id:zhongtian65:20201110222029j:plain

柯尔克孜族

鄂温克族èwēnkèzú エヴェンキ族/内蒙古黒竜江/3.1万人

京族Jīngzú キン族/広西/2.8万人

基诺族Jīnuòzú チノー族/雲南/2.3万人

德昂族Dé'ángzú トーアン族/雲南/2.1万人

保安族bǎo'ānzú ボウナン族/甘粛/2.0万人

俄罗斯族éluósīzú オロス族/新疆、内蒙古黒竜江/1.5万人

裕固族Yùgùzú ユーグ族/甘粛/1.4万人

乌孜别克族Wūzībiékèzú ウズベク族/新疆/1.1万人

门巴族Ménbāzú メンパ族チベット/1.1万人

鄂伦春族èluóchūnzú オロチョン族/内蒙古黒竜江/0.9万人

独龙族Dúlóngzú トールン族/雲南/0.7万人

赫哲族Hèzhézú ホジェン族/黒竜江/0.5万人

塔塔尔族Tǎtǎ'ěrzú タタール族/新疆/0.4万人

高山族Gāoshānzú  カオシャン族/福建(台湾)/0.4万人

珞巴族Luòbāzú ロッパ族チベット/0.4万人

 

f:id:zhongtian65:20201110222121j:plain

鄂伦春族

このうち最大の人口を有するのは「チワン族」で、人口は約1,700万人、主に広西チワン族自治区に住んでいます。最少の民族は「タタール族」、「カオシャン族」、「ロッパ族」で、人口はそれぞれわずかに4千人ほどです。但し、国境近くでは中国と他の国にまたがって居住する民族もいるので、全部合わせると人口が増える民族も有ります。例えば「ロッパ族」はインドに約60万人ほど居住しています。

居住地域から見ると、例えばイスラム系の民族(ウィグル族、タジク族、キルギス族など)は新疆に集中しています。少数民族が多い地域は西南地方で、特に、雲南省は「少数民族のふるさと」と呼ばれるほど多くの民族が暮らしています。

各民族は自前の文化と言葉を保持していますが、中には文化的にほとんど漢族と同化してしまい、自民族の言葉を話せない人たちも少なくありません。また、名前も漢族とまったく同じで、見分けがつかない場合も多いようです。一般的には、56の民族はすべて「中国人」(中国の国籍を有する人間)として括られていますが、例えば「ウィグル族」などは、漢族とは外見上明らかに異なるので、外国人から見ると「中国人」という実感はないかもしれません。中国国内に居住する中国人はすべて「身分証」を携帯しており、そこには必ず「民族名」が記されています。

私が以前中国で知り合った少数民族に、モンゴル族満族の女の子がいました。二人とも名前が漢族と同じで外見も区別できないため、本人から教えてもらうまでは分かりませんでした。モンゴル族の子は、血筋を遡ると、清朝時代のモンゴル貴族に行き着くそうです。また、満族の子は、自分が「満族」であることをとても嫌っていました。彼女は「外見、名前、言葉も漢族とまったく変わらないのに、なぜ自分だけ満族なのか?」という意識が強いのです。こうした感情は、私にはよく理解できませんでした。本来ならば、少数(マイノリティ)であることを大切にし、民族の誇りを持たなければいけないのでしょう。しかし、彼女の中では逆に「マイノリティであること」は大きなプレッシャーとなっているのです。

中国を理解するうえで、この「少数民族」は非常に重要な切り口になると思います。北京政府のチベットや新疆に対する圧迫と弾圧という政治的な側面、また、少数民族の抱える内面の矛盾といった文化的な側面。こうした事柄も中国の一部分なのです。