アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文法篇】 使役表わす表現(謙語文)

他人に何かを「させる」という「使役表現」は、“兼语句”「謙語文」で表わします。

「謙語文」とは動詞述語文の一つで、述語が二つの動詞句から構成されて、前の動詞(使役動詞)の目的語が後の動詞の主語を兼ねているという形です。「使役表現」は代表的な「謙語文」の一つと言えます。

では、基本的な「使役表現」の形を見ていきましょう。

 

〔肯定文〕「・・・に~させます」

 

主語 + 叫 / 让 / 使 + 目的語〔主語〕+ 動詞 + 目的語

 

 

他叫我查餐厅的电话号码。

(彼は私にレストランの電話番号を調べさせます)

教练让我们站起来了。

(コーチは私たちを立たせます)

他的消息使我们非常高兴。

(彼の知らせは私たちをとても喜ばせました)

 

〔疑問文〕「・・・に~させますか?」

 

疑問文は、肯定文の語尾に“吗”をつけるか、謙語文の前の動詞を反復形にします。

 

刘老师叫你们写作业吗?

(劉先生はあなたたちに宿題をさせますか)

妈妈叫不叫你去买蛋糕?

(お母さんはあなたにケーキを買いに行かせますか?)

 

〔否定文〕「・・・に~させません」

 

否定文は、使役動詞の前に“不”または“没”を置きます。

 

老师不叫我们喝酒。

(先生は私たちにお酒を飲ませません)

他们不叫我们参加晚会。

(彼らは私たちにパーティに参加させません)

妈妈没让我学吉他。

(お母さんは私にギターを習わせません)

 

《学習のポイント》

 

“叫”はもともと「命じる」、“让”は「譲る」という意味で、“让”のほうが「その人がやるのに任せる」という若干やわらかい語感を持っています。しかし、実際会話などでは、“叫”と“让”は置き換えが可能です。

また、“使”、“高兴”、“感动”、“满意”など、人の心の様子を表わす動詞や形容詞を伴います。

 

这件事使我非常高兴。

(この件は私を非常に喜ばせた)

这首曲子使我非常感动。

(この曲私をとても感動させた)

今天的宴会时我们十分满意。

(今日の宴会は私たちを十分に満足させました)