アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文法篇】 “是~的” 「強調構文」

“是~的”は、すでに行われた動作いついて、その動作がどのように行われたか、行われた時間・場所・方法などを強調する場合に用いられます。

“是”は強調する部分の前に置き、“的”は文末に置くのが一般的です。

 

〔基本文型〕

 

主語 + “是” + 時間/場所/方法 + 動詞(+ 目的語)+ “的”

 

我是今天早上到的。

(私は今朝着きました)

他们是骑自行车去学校的。

(彼らは自転車で学校へ行きました)

你是从哪儿来的?

(あなたはどこから来ましたか?)

 

“是~的”の内容が短くて簡単な場合に限って、“是”を省略できます。

 

我(是)坐地铁来的。

(私は地下鉄で来たのです)

 

〔否定形〕

 

否定形は、“不是~的”となります。

 

我不是做飞机来的。

(私は飛行機で来たのではありません)

我们不是跟朋友一起来的。

(ぼくたちは、友達と一緒に行ったのではありません)

 

〔目的語の位置〕

 

“是~的”を用いる構文で、動詞が目的語を伴う場合は、“的”は動詞と目的語の間に置かれます。

 

我是昨天到的上海。

(私は昨日上海に着いたのです)

我不是在书店买的书。

(私は書店で本を買ったのではありません)

 

このように、“是~的”を用いる構文は、動作が行われた時間などについて強調する表現ですが、その中で言われているのはすべて「過去」に行われたことです。すなわち、“是~的”は過去(正確には完了)を表す表現とも言えます。

 

〔その他の用法〕

 

“是~的”を用いる構文は、強調を表す以外に、主語の指す人や事物について、どんな性格や状態なのかを説明したり、判断するときにも用いられます。

 

我是不会说英语的。

(私は英語が話せません)

你的看法是对的,但我不会同意。

(君の見方は正しい、しかし僕は同意できない)