アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【文法篇】 受身文

受身文(「~される、~られる」)を表わすには、前置詞の“被bèi”、“让ràng”、“叫jiào”、“给gěi”が用いられます。

 

〔基本文型〕

 

主語 + 被 / 让 / 叫 / 给 + 行為者 + 動詞 +(他の成分)

 

我的自行车被别人骑走了。

(私の自転車は他人に乗っていかれた)

我的书被姐姐拿走了。

(僕の本は姉さんに持っていかれた)

我们的话让老板听见了。

(我々の話は社長に聞かれてしまった)

我的笔记本电脑叫弟弟弄坏了。

(僕のノートパソコンは弟に壊された)

我的手机叫别人偷走了。

(私の携帯電話は誰かに盗まれた)

窗户给大风吹开了。

(窓は強風によって開けられた)

 

※受身文の場合は、動詞は必ず動作動詞(他動詞)で、「行為者」は動詞の主語(動作の主体)となります。

 

〔否定の副詞と助動詞の位置〕

 

否定の副詞や助動詞は、“被”、“让”、“叫”、“给”の前に置かれます。また、一般的な助動詞も同様です。

 

那本书还没有被别人借走了。

(その本はまだほかの人に借りられていません)

他从来没有让妈妈批评过。

(彼はこれまでお母さんに叱られたことがありません)

你有没有叫公司派到国外?

(あなたは会社から海外へ派遣されたことがありますか?)

 

〔“被”+動詞〕

 

動作の主体を特に示す必要がなかったり、それが不特定の人である場合は、「行為者」を省略し、「“被”+動詞」という形で用いることが出来ます。

 

这本书昨天被借走了。

(この本は昨日すでに借し出されました)

我的信用卡被偷走了。

(私のクレジットカードは盗まれた)

 

ただし、“让”、“叫”を使う場合は行為者は省略できません。

 

〔被/让/叫…“给”~〕

 

受身文に用いる“被”、“让”、“叫”に呼応して、述語動詞の前に“给”が用いられる場合があります。

 

我的衣服被儿子给弄脏了。

(私の服は息子に汚された)

杯子叫孙子给打碎了。

(コップは孫に割られた)

 

“叫~给”、“让~给”の形では「受身」を表わし、「使役」の意味は表わしません。

 

〔“把”との併用〕

 

“被”、“让”、“叫”は、“把”と併用することが出来ます。その場合は、受動者(行為をされた人)を主語にすることができます。

 

我的电脑被弟弟弄坏了。

(僕のパソコンは弟に壊された)

我被弟弟把电脑弄坏了。

(僕は弟にパソコンを壊された)