アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【慣用句篇】 打主意

打注意dǎ zhúyi

 

〔意味〕対策を練る、手立てを考える

 

“主意”は名詞で「手立て、考え、対策」という意味が有り、“打主意”で「対策を練る」、「手立てを考える」という意味を表します。

さらに、もう一つは「目をつける」、「手に入れようとする」という意味も有ります。

 

<使用例>

 

A:上级要求咱们公司派一个人去参加业务培训,你去可以吗?

(上の方が会社から一人業務研修に出そうと言うんだが、君行けるかね?)

B:您千万别在我的身上打主意,我可没有时间参加。

(くれぐれも私のことは当てにしないで下さい、参加する時間が無いですから)

 

※“主意”の後の発音は軽声となります。また、話し言葉(特に北京語)では、zhúyiと前が二声に変わる場合が有ります。