アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【知識篇】 同じ単語で意味違い

漢字と言う共通の文字を使用する日本語と中国語は、見かけ上全く同じ単語が非常にたくさん有ります。

その中で、多くの単語は意味も全く同じか非常に近いものも少なくありません。特に、意味が全く同じものには、抽象的な意味を表すいわゆる「概念語」が多いのです。これは中国語の歴史、特に近代以後の歴史にも関連が有ります。近代、特に清朝末期に多くの中国の青年たちが日本へ留学しました。その折、彼らは西洋の近代的学問を日本語を通して学びました。そこから、日本人が先に日本語に訳した西洋的な概念語を、そのまま中国語に取り入れたのです。

例えば、「政治」、「経済」、「科学」、「文化」、「革命」、「進化」、「歴史」等々、多くの概念語が日中両方で使われるようになりました。

一方、見かけ上は全く同じでも、意味が異なる単語も日中間にはたくさんあります。こうした単語は、日本人が中国語を話す時には、特に注意が必要になります。見かけ上同じだからと言って意味も同じと考えると、落とし穴にはまってしまいます。

今回は、こうした「見かけは同じでも意味が異なる」単語をいくつか紹介したいと思います。

 

(日)暗算あんざん(電卓などを使わず頭の中で計算すること)

(中)暗算ànsuàn(動)ひそかに企む、陰謀を企てる

 

日本語の「暗算」は中国語では“心算”

 

(日)円滑えんかつ(物事がスムーズに進行すること)

(中)圆滑yuánhuá(形)才女がない、八方美人である

 

日本語の「円滑」は中国語では“顺利”

 

(日)大方おおかた(大部分、あらかた)

(中)大方dàfāng(形)気前が良い、ケチでない

 

日本語の「大方」は中国語では“大部分”

 

(日)大家おおや(貸家の持ち主、家主)

(中)大家dàjiā(名)みんな

 

日本語の「大家」は中国語では“房东”

 

(日)恰好かっこう(外から見た事物の形、姿、身なり)

(中)恰好qiàhǎo(副)ちょうどよく、都合よく

 

日本語の「恰好」は中国語では“样子”

 

(日)怪我けが(身体に傷を負うこと、負傷、思わぬ過ち)

(中)怪我guài wǒ(動+目)わたしを咎め

 

日本語の「怪我」は中国語では“受伤”

 

(日)結束けっそく(ひもや縄などで結んで束にすること)

(中)结束jiéshù(動)終わる、終わらせる

 

日本語の「結束」は中国語では“困扎”

 

(日)検討けんとう(よく調べ検討すること)

(中)检讨jiǎntǎo(動)反省する

 

日本語の「検討」は中国語では“讨论”、“探讨研究”

 

(日)告訴こくそ(裁判に訴えること)

(中)告诉gàosu(動)告げる、知らせる

 

日本語の「告訴」は中国語では“告状”

 

(日)大丈夫だいじょうぶ(危なげなく安心できるさま)

(中)大丈夫dàzhàngfu(名)一人前の男

 

日本語の「大丈夫」は中国語では“没问题”

 

(日)節目ふしめ(木材、竹などの父子のあるところ、物事の区切り目)

(中)节目jiémù(名)番組、プログラム

 

日本語の「節目」は中国語では“节眼”、“阶段”

 

(日)注文ちゅうもん(料理などをたのむこと、商品を予約すること)

(中)注文zhùwén(名)(文章の)注釈の字句

 

日本語の「注文」は中国語では“点菜”、“订货”

 

(日)手紙てがみ(用件などを書いて人に送る文書)

(中)手纸shǒuzhǐ(名)ちり紙、トイレットペーパー

 

日本語の「手紙」は中国語では“信”

 

(日)人間にんげん(ひと、人類)

(中)人间rénjiān(名)この世、世間、人の住む世界

 

日本語の「人間」は中国語では“人”、“人类”

 

(日)皮肉ひにく(相手の欠点などを非難したり、からかったりすること)

(中)皮肉píròu(名)骨と皮、肉体

 

日本語の「皮肉」は中国語では“讥讽”

 

(日)下手へた(技術や手際が悪く物事が巧みに行えないこと)

(中)下手xiàshǒu(動)手を下す、手をつける、実行する

 

日本語の「下手」は中国語では“笨拙”

 

(日)便宜べんぎ(都合が良いこと)

(中)便宜piányi(形)値段が安い

 

日本語の「便宜」は中国語では“方便”

 

(日)勉強べんきょう(学問や知識をつけるために学ぶこと)

(中)勉强miánqiǎng(動)無理に強いる、強制する

 

日本語の「勉強」は中国語では“学习”

 

(日)用心ようじん(注意、警戒)

(中)用心yòngxīn(名)意図、下心

 

日本語の「用心」は中国語では“权宜办法”

 

(日)料理りょうり(材料に手を加えて食べ物を作ること、調理)

(中)料理liàolǐ(動)処理する、切り盛りする

 

日本語の「料理」は中国語では“做菜”、“烹调”

 

「見かけは同じでも意味が異なる」単語は、まだまだたくさんあります。

皆さんも、中国語を学ぶ過程で、こうした単語を拾い出して、意味を比べてみては如何でしょうか?

そうすることで、より正確な中国語を習得することができるようになると思います。