アベノ中国語道場

あなたの中国語学習をサポートするブログです。中国語道場で一緒に汗を流しましょう!

【表現篇】 「謝罪」の表現

今回は「あやまる」場合、すなわち「謝罪」の表現について紹介します。

 

中国語で「すみません」という場合は、

 

对不起。Duìbuqǐ.

(ごめんなさい/すみません)

 

という言い方が最も一般的です

また、これよりも軽めの表現は、

 

不好意思。Bù hǎo yìsi.

(ごめんなさい/すみません)

 

“不好意思”は、もともとは「きまりが悪い、恥ずかしい」という意味で、明確な「謝罪」の他に、相手の行為に対して「感謝」の意を含む場合にもよく用いられます。例えば、

 

您给我们做了这么多好吃的菜,真不好意思。

(こんなにたくさんのごちそうを用意していただき、申し訳ないです)

 

丁寧に言う場合は、“对不起”の前に“实在”を置きます。

 

实在对不起。Shízài duìbuqǐ.

(ほんとうにすみません)

 

さらに丁寧は表現は、下記のように言います。

 

很抱歉。Hěn bàoqiàn.

实在抱歉。Shízài bàoqiàn.

(申し訳ありません)

 

その他の表現としては、

 

太麻烦你了。Tài máfan nǐ le.

(ご迷惑をおかけしました)

 

などがあります。

謝罪の内容を言いたい場合は、“对不起”の前にその内容を置きます。

 

对不起,让您久等了。Duìbuqǐ,ràng nín jǐuděng le.

(すみません、お待たせしました)

对不起,我来晚了。Duìbuqǐ,wǒ láiwǎn le.

(すみません、遅くなりました)

对不起,我错了。Duìbuqǐ,wǒ cuò le.

(すみません、私が間違えました)

 

これらの表現の場合は、“对不起”を“不好意思”に置き換えても構いません。しかし、“对不起”の場合は、はっきりと「謝罪」する表現ですので、状況または相手に対する気持ちによって、どちら用いるかを選択することになります。

 

また、相手からの「謝罪」を受けた場合、下記のように返答する表現が有ります。

 

没关系。Méi guānxi.

(気にしないで)

没问题。Méi wèntǐ.

(大丈夫です)

 

例えば、下記のような会話のパターンとなります。

 

A:对不起,让您久等了。

(すみません、お待たせしました)

B:没关系,我也刚来。

(気にしないで、私も来たばかりです)

 

昔から、「日本人はすぐに謝るが、中国人はなかなか自分の非を認めない」などど言われてきました。しかし最近では、中国の街中でも中国人同士で“不好意思”、“对不起”と言っている場面によく出あいます。

明かに自分に非が有る、または自分のせいで相手に迷惑をかけた場合などは、はっきりと謝罪の意を伝える方が、スムーズなコミュニケーションが取れる場合が多いようです。

こうした「謝罪」の表現を会話の中に上手に取り入れることで、中国語会話のレベルさらにアップできると思います。